最新記事

IT業界

アップルの頭脳流出が始まった

アップルストアの考案者とマックOSの開発者が退社。「カリスマ経営者」ジョブズの下に結集した天才たちの旅立ちの理由は

2011年7月26日(火)14時48分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

主を欠いて ジョブズが3度目の病気療養に入ったままのアップル本社(サンフランシスコ郊外) Noah Berger-Bloomberg/Getty Images

 アップルのCEO、スティーブ・ジョブズには多くの強みがある。その1つが、自分の周囲を奇跡的なほど優秀な人材で固められる力だ。過去10年の間に、ジョブズはあらゆる業界の中でも最強の経営チームの1つをつくり上げた。ずばぬけて有能なだけでなく、どこまでもジョブズに忠誠を尽くす男たちだ。

 だがこの数カ月の間に、側近中の側近2人が会社を去った。経営危機を唱えるのは早過ぎるが、アップル社内で何らかの権力シフトが起こっている可能性はある。それは、共同創業者でありながら一旦会社を追い出されたジョブズがアップルに呼び戻され、経営史上に残る経営再建劇を演出した96年以降の一時代に終わりを告げるものだ。

 先週、小売り担当のロン・ジョンソン上級副社長が、百貨店大手J・C・ペニーのCEOに就任するためアップルを辞めると発表した。3月には、マックOSの開発責任者で伝説的なソフトウエア技術者のバートランド・サーレイ上級副社長が退社した。サーレイは、ジョブズがアップルを追放されて新会社ネクストを設立した頃から一緒だった男だ。

 ジョブズは、3度目の病気療養に入った今年1月から経営の蚊帳の外にあった。04年に膵臓癌を切除し、その後肝臓移植手術を受けたジョブズは、今回再び癌の治療を受けているとも言われる。

 アップルのイベントでは今年も2度登壇した。先日も新サービス、iCloudを発表したばかりだ。2度とも拍手喝采を浴びてまんざらでもなさそうだったが、その姿は恐ろしく痩せ衰えていた。

病気療養から戻らない?

 ジョンソンがいなくなっても大した影響はないとアナリストたちは言うが、これがアップルにとっていいニュースのはずがない。

 ジョンソンは小売りの天才だ。安売り大手ターゲットで15年間働いた後、00年にアップルに入社。魅力的で利益率の高い直営店アップルストアの世界ネットワークをゼロから立ち上げた。

 より重要なのは、ジョンソンの退社がジョブズについて何を物語るかだ。恐らくそれは、ジョブズが病気療養から戻ってこないことと、代理を務めてきたティム・クックCOO(最高執行責任者)のCEO就任が決まったことを意味しているのではないか。

 ジョンソンの退社に当たってアップルは次のような声明を発表した。「ロンは新たなチャンスを楽しみにしているし、われわれも幸運を祈る。わが社には優秀な小売りチームが残るし、ロンの後任も積極的に探している」

 ジョンソンのほうはニュースリリースで、J・C・ペニーに行くのは小売り大手のCEOになるのが夢だったからと言っている。だがJ・C・ペニーの広報担当者によれば、同社が最初にジョンソンに声を掛けたのは数年前で、そのときは「今はその時期じゃない」と断られたという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ

ワールド

ロシア、拘束中のWSJ記者の交換で米国と接触=クレ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 4

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 8

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 9

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 10

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中