ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

ドローンの世紀

ドローンの世紀

無差別攻撃から災害救助まで急速に進化するドローンは善か?悪か?

2016.05.31

ドローン

英国防省、トンボ型偵察ドローンの配備目指す

2016.08.18
ドローン

顔認識して自動でフォロー。自撮りに特化したスティック型ドローン

2016.07.28
軍事

【写真特集】ドローン大国イスラエルの非情な開発現場

2016.06.20
水中ドローン

水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影

2016.05.27
未来見聞録 高城剛

電気自動車からドローンまで「次のIT」を支えるあの電池

<スマホ、デジカメ、ドローン、そして電気自動車まで、今やあらゆる場面でリチウムイオンバッテリーは必須だ。リチウムイオンバッテリーは、「次のI

2016.05.25
ドローン

野山に「火を放つ」ドローン、その狙いは──

ネブラスカ大の試作機が国立公園で実験成功 

2016.05.23
マイクロロボット

空飛ぶ昆虫ロボット。疲れたら一休み。

2016.05.22
テクノロジー

【動画】ドローンを使ったマグロの一本釣りが話題に

2016.05.19
未来見聞録 高城剛

「拡張するインターネット」としてのドローン

 仕事柄なのかわからないが、しばしば「インターネットの次に来るのは、なんでしょうか?」と尋ねられる。Appleが創業した1976年から二十年

2016.04.07
テクノロジー

「中絶ドローン」がポーランドへ飛ぶ 

国境を越えて人助けに飛ぶ新たなドローンの使い道 [2015年7月 7日号掲載]

2015.07.13
軍事

ロシアで世界最先端の「ドローン軍」誕生? 

軍産共同体の結成で、数百種に及ぶ国産無人機の統合が始まる [2015年6月 2日号掲載]

2015.05.29
アフリカ難民

数百人の命を救うドローン

密航船の遭難が相次ぐ地中海にドローンを飛ばせたら、1700人の犠牲は防げたかもしれない 

2015.04.23
フランス

連日パリを脅かすドローンの正体は

アルジャジーラの記者3人が逮捕されたが、一連の不審な無許可飛行との関連性はなさそうだ 

2015.02.26
ビジネス

グーグルも無人機買収に参戦

軍事ロボット買収に続く無人機買収。グーグルの狙いは 

2014.04.15
対テロ戦争

無人機攻撃「成人男性」なら戦闘員と見なす? 

ブッシュ前大統領の8倍も無人機攻撃の回数を増やしたオバマは、民間人の犠牲には無関心なままだ [2014年2月 4日号掲載]

2014.02.05
新ビジネス

アマゾンが無人機で配達する日

ネット通販大手のアマゾン・ドットコムが無人機での商品配送をテスト中 

2013.12.03
軍事

ロボット兵士開発に国連が「待った」 

無人攻撃機なんか目じゃない、殺人ロボットの脅威 [2013年5月14日号掲載]

2013.06.07
兵器

世界に拡散する中国無人機 

尖閣諸島の周辺海域で偵察活動に国産無人機を投入。オバマ政権式の「標的を絞った」殺害計画もあり得るかも [2013年4月 9日号掲載]

2013.04.25
軍事

知ってるようで知らない無人機攻撃の怖さ 

オバマ政権の「テロリスト標的殺害」作戦。リーク文書で明らかになった驚くべき非道 [2013年2月19日号掲載]

2013.02.22

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!