最新記事

水中ドローン

水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影

2016年5月27日(金)18時00分
geared (ギアード)

<水中ドローンが開発されている。水中でダイバーに自動追随させて自撮りしたり、陸上から操作して水中ライブ映像を手元で確認できる>

 ダイビングの楽しみのひとつが水中写真。多様な生物の写真やディープブルーの世界に光が差し込む幻想的な写真が撮影できるのがその魅力ですが、ひとつ難点があるとすれば水中では自撮りが難しいところ。それを解決するのが水中ドローン iBubbleです。

 操縦は専用の腕時計型のコントローラで行い、iBubble に搭載された8つのスクリューを動かして自由自在に水中を航行させるマニュアルモードと、水中ローカライゼーション技術を使った自動撮影モードの2つのモードがあります。

iBubble_4.jpg

iBubble自体にはカメラは搭載されておらず、マウントにGoPro3 以降を搭載して使います。

 魚の群れに囲まれた写真や頭上を通り過ぎるマンタなど、自分自身が写り込んだ幻想的な写真をバディーに頼まずとも好きな時にコントローラで撮影することが可能になります。

 また、iBubbleには深い場所や夜間でもクッキリとした映像が撮れるように1000ルーメンの照明が2つ搭載されています。iBubble の最大深度は60m、水中での制御可能距離は25m、最大速度は1m/s、潜水時間は標準的な使用で約1時間。ボディの大きさは50×35×25 cm、重量は5kgです。

iBubble_3.jpg

自動撮影モードでは自分とiBubbleの位置関係を1度決めればずっとその位置をキープしてダイバーに追随。

 さらに、オプションの有線リモートコントローラーを使えば、手元でライブ映像を確認しながら陸上からの操作も可能。例えば釣りの際に水中の様子を探ることができるので、釣り人も使えそうな水中ドローンです。

 iBubble は現在 IndieGoGo にて出資を募っており、すでに目標金額を達成。日本からでも 本体価格1299ドル+送料75ドルで購入可能です(2016年5月12日現在)。出荷は2017年7月以降に予定されています。

執筆:Geared(Facebookページ)

ニュース速報

ビジネス

米航空会社への給与補助、今週末に詳細示す可能性=米

ワールド

ロシア、新型コロナ感染者が1万人突破 新規の判定が

ワールド

米国立衛生研、抗マラリア薬の新型コロナ臨床試験開始

ワールド

イースターは自宅で、新型コロナ抑制へ英政府が国民に

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 7

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月