最新記事

水中ドローン

水中ドローン、ダイバーを自動追随して撮影

2016年5月27日(金)18時00分
geared (ギアード)

<水中ドローンが開発されている。水中でダイバーに自動追随させて自撮りしたり、陸上から操作して水中ライブ映像を手元で確認できる>

 ダイビングの楽しみのひとつが水中写真。多様な生物の写真やディープブルーの世界に光が差し込む幻想的な写真が撮影できるのがその魅力ですが、ひとつ難点があるとすれば水中では自撮りが難しいところ。それを解決するのが水中ドローン iBubbleです。

 操縦は専用の腕時計型のコントローラで行い、iBubble に搭載された8つのスクリューを動かして自由自在に水中を航行させるマニュアルモードと、水中ローカライゼーション技術を使った自動撮影モードの2つのモードがあります。

iBubble_4.jpg

iBubble自体にはカメラは搭載されておらず、マウントにGoPro3 以降を搭載して使います。

 魚の群れに囲まれた写真や頭上を通り過ぎるマンタなど、自分自身が写り込んだ幻想的な写真をバディーに頼まずとも好きな時にコントローラで撮影することが可能になります。

 また、iBubbleには深い場所や夜間でもクッキリとした映像が撮れるように1000ルーメンの照明が2つ搭載されています。iBubble の最大深度は60m、水中での制御可能距離は25m、最大速度は1m/s、潜水時間は標準的な使用で約1時間。ボディの大きさは50×35×25 cm、重量は5kgです。

iBubble_3.jpg

自動撮影モードでは自分とiBubbleの位置関係を1度決めればずっとその位置をキープしてダイバーに追随。

 さらに、オプションの有線リモートコントローラーを使えば、手元でライブ映像を確認しながら陸上からの操作も可能。例えば釣りの際に水中の様子を探ることができるので、釣り人も使えそうな水中ドローンです。

 iBubble は現在 IndieGoGo にて出資を募っており、すでに目標金額を達成。日本からでも 本体価格1299ドル+送料75ドルで購入可能です(2016年5月12日現在)。出荷は2017年7月以降に予定されています。

執筆:Geared(Facebookページ)

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 3

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 6

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 10

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月