コラム

「鳥は解放された」1日400万ドルの損失を出すツイッターに謎の投稿をするマスクは何がしたい?

2022年12月12日(月)11時20分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
月世界旅行

©2022 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<規制が緩和されてヘイトスピーチやフェイクニュースが急増しているが、マスクを批判したり、バカにする「不敬罪アカウント」は凍結されている。何のための買収なのか>

お月様の目にロケットが刺さった絵面は、日本で知名度が少し低そうだが、大丈夫だろう。このコラムの読者は博学多才な人ばかりだから!

でも、念のために解説しよう。風刺画は映画『月世界旅行』の一場面だ。巨匠ジョルジュ・メリエス監督が1902年に発表した史上初のSF映画だが、帝国主義をこき下ろす鋭い風刺映画でもある。

それから120年。宇宙ベンチャーで月旅行を計画するイーロン・マスクは、ツイッターという名の「マスク帝国」の独裁者として、鋭い風刺画でこき下ろされている。

440億ドルでツイッター社を買収したマスクは、CEOになってすぐThe bird is freed(鳥は解放された)と、謎のツイートをした。その直後、役員を全員クビにしたから、多分「鳥=取締役」で「解放=解雇」という暗号だったんだろうね。

もちろん、「規制に囲われたツイッター(鳥)を自由にする」という解釈のほうが一般的だ。

マスクは、まずユーザーに「永久凍結されたトランプ前大統領のアカウントを復活させるべきか?」そして「法律を犯したか、ひどいスパム行為に関わっているかしない限り、凍結された全アカウントに恩赦を与えるべきか?」という2つのアンケートを取った。

どちらも「はい」の回答が過半数を占めたことで、マスクはトランプのものを皮切りに、数万ものアカウントを「解凍」し始めた。

そして案の定、規制の緩みとともに、ヘイトスピーチやフェイクニュースが急増しているもようだ。

タフツ大学の調査によると、マスク就任後の数週間での人気ツイートトップ20のうち、7つが反LGBTQ+や反ユダヤ的な言葉を用いていた(就任前はたった1つだった)。同時にツイッター社は、新型コロナに関する誤情報拡散を防ぐための投稿規制を取りやめた。

しかし、無法地帯になったわけではない。嫌がらせや誤報は許されるが、絶対に許されない行為もある。それは......マスクを批判したり、バカにしたり、マスクに成り済ましたりすることだ。そんな投稿をしたアカウントの凍結が相次いでいる。

1日400万ドルの損失を出すツイッター社の不経済を許さないマスクは、ユーザーの不敬罪も許さないようだ。あ、不敬罪というのは......いや、大丈夫! みんな博学多才だね!


ポイント

APOLOGIES TO GEORGES MÉLIÈS
ジョルジュ・メリエスさん、ごめんなさい

GEORGES MÉLIÈS
ジョルジュ・メリエス。映画草創期に活躍したフランスの映像制作者。奇術師としての本職を生かして多くの映像トリックや演出を生み出し、後続に絶大な影響を与えた。監督・脚本・主演を務めた『月世界旅行』はポップカルチャーで繰り返しパロディーの対象になっている。

20230131issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年1月31日号(1月24日発売)は「実録 中国海外警察」特集。他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110番」の驚くべき実態

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中