コラム

トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

2020年09月26日(土)15時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

Soldiers, Sailors and a Faker / (c)2020 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<命を張って国のために戦った人々を「負け犬」と呼ぶトランプだが、自身は「健康上の理由」でベトナム戦争の徴兵を免除されている>

人種差別への抗議として taking a knee during the national anthem(国歌斉唱中にひざまずくこと)は disrespects the troops!(われわれの兵士を侮辱する!)と、トランプはこれまで憤ってきた。

しかし風刺画では、戦没者を慰霊する Arlington National Cemetery(アーリントン国立墓地)でひざまずきつつ墓石に書き込んでいるのは Loser(負け犬)や Sucker(めでたい奴)という侮辱。さらに、手に持っているのは、以前ハリケーンの進路予想図を勝手に書き換えた疑惑が取り沙汰されたときにトランプが用いたとされるSharpieという油性ペン......。超細かい風刺だ!

同じく米軍の戦没者慰霊墓地がパリの近くにあるが、トランプはそこで眠っている人々は「負け犬ばかりだ」と、2018年に訪問することを拒否した。命を張って国のために戦った人々への評価として、これがトランプの定番のようだ。

第2次大戦中に撃墜されたある有名なパイロットも「負け犬」。違うパイロットはベトナム戦争中に撃墜され、また拷問もされながら5年以上捕虜として耐えたにもかかわらず、「彼も『負け犬』」と、繰り返し国家的な英雄たちをけなしている。ちなみに、前者はジョージ・ブッシュ元大統領。後者は08年の共和党大統領候補で元上院議員のジョン・マケイン。負け犬にしてはそこそこ成功している2人だ。

大統領の残念過ぎる一連の発言を最近報じたアトランティック誌の記事に寄せられた情報は全部匿名だった。それをもってトランプ陣は「フェイクニュース」と記事を否定している。しかし、「トランプは息子に『入隊したら絶縁する』と脅した」とトランプの姪のメアリー・トランプが伝えたように、匿名じゃない同種類の情報も大量にあるし、トランプ本人がマケインや戦没者の家族をばかにする映像は普通にYouTubeでご覧いただけます。Sharpieを使ってもその過去は書き換えられない。

不思議にも、繰り返し兵士をばかにするトランプ自身、実は軍に入っていたそうだ。いや、ベトナム戦争に行ったりはしていない。確かに徴兵対象の世代だが免除された。「史上最も健康体の大統領」だと主張し、昔はプロになるはずの「ニューヨーク最強の野球選手だった」と自慢するトランプだが、意外にも健康上の理由で免除だ! ヤンキースの誰よりも身体能力の高かった彼は徴兵されそうなときにだけ足に「骨棘(こつきょく)」が現れたようだ。入隊アレルギーかな。かわいそう。

トランプが「軍に入っていると感じる」と、自ら言うのは、軍隊式教育の高校に通っていたからだという。ちなみに、僕も軍に入っていると感じるよ。ときどき軍手をはめるし、好きな色はネービーだから......。

<本誌2020年9月29日号掲載>

<関連記事:トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン)
<関連記事:トランプ支持の強力なパワーの源は、白人を頂点とする米社会の「カースト制度」

20200929issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月29日号(9月23日発売)は「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集。利益も上げる世界と日本の「良き企業」50社[PLUS]進撃のBTS

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ東部セベロドネツクが陥落、ロシアの「完全

ワールド

中国・習近平国家主席、香港返還25年式典に出席へ

ワールド

アングル:中絶の権利認めない米最高裁判断、立役者は

ビジネス

アングル:米ウォール街、昨年の採用ブームに沈静化の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 8

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 9

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 10

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中