コラム

中国が国を挙げて撲滅に取り組む「黒悪勢力」って一体誰のこと?

2019年04月25日(木)16時10分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
中国が国を挙げて撲滅に取り組む「黒悪勢力」って一体誰のこと?

Public Enemies? / (c) 2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<「黒社会の組織」を意味する「黒悪勢力」の撲滅運動が展開される中国――しかしその対象にはなぜか一人っ子政策で1人しかいない我が子を失った「失独家庭」が含まれていた>

「堅持打早打小、将黒悪勢力消滅在萌芽状态(早く小さいうちにやっつけよう、黒悪勢力の芽生えを消滅させよう)」。先日、中国貴州省の省都・貴陽市のある保育園の正門前に掲げられたスローガンの写真が中国SNS上で話題になった。保育園に通う子供たちが「黒悪勢力」? 写真を見た人々は誰もが奇妙に感じた。

いま中国は「黒悪勢力」撲滅運動の真っ最中だ。今年1月に習近平(シー・チンピン)国家主席が中央政法工作会議で指摘。その後、街のあちこちに「黒悪勢力を消滅させよう」というスローガンが一気に出現した。保育園も例外ではない。

そもそも黒悪勢力って一体何だろう? 「黒社会(暴力団)の性質を持つ組織」という定義は一応あるが、地方官僚たちの理解はバラバラ。驚いたことに、湖南省や山西省などは「失独家庭」も黒悪勢力と見なして取り締まるつもりだ。

失独家庭とは、一人っ子政策で生まれたたった1人のわが子を亡くした親たちを指す。現在、中国の一人っ子家庭は2億世帯以上。失独家庭の数は政府からはっきり公表されてはいないが、たとえ1%だったとしても、200万世帯以上になる。

一人っ子政策が始まった時代、政府は「一人っ子政策を守ろう、政府は老後の面倒を見る」と約束した。一人っ子政策をきちんと守った親たちは、今は60~70歳。1人しかいないわが子が病気や事故で亡くなった老親の面倒を政府は見るのか。老親たちが老後を心配して政府に抗議するのは当たり前だが、彼らが「暴れる」と社会的な影響はもちろん自分たちの地位や官職も危なくなる......これが地方官僚を心配させた。

この問題を伝える記事にみんな啞然とした。弱い立場の失独家庭がなぜ黒悪勢力に? 黒悪勢力って一体何だ? 個人の正しい権利を求めるため、政府に抗議する人々は黒悪勢力なのか? 地方政府は慌てて取り締まり指示を撤回した。

中央集権体制の中国は、いつも民意より「聖意」。出世するため、上司の機嫌を取らなければならない。実績をアピールするため、ある地方政府は黒悪勢力の撲滅目標を定めた。

今後、この人治社会の国でどれほど「黒悪勢力」に無実の罪が着せられるか、とても心配だ。

【ポイント】
严厉打击黑恶势力

黒悪勢力を厳しく取り締まろう

中央政法工作会議
毎年1月に過去1年間の中国国内の司法・治安行政を振り返りつつ、次の1年の重点政策を話し合う重要会議。主催する共産党中央政法委員会は全国の治安・司法機関を指導。トップの書記は司法大臣や最高人民法院院長を束ねる強い権力を持つ

<本誌2019年4月30日&5月7日号掲載>

201904300507cover-200.jpg

※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<唐辛子、タン・シンツ>
作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!