コラム

外国人のための中国共産党大会講座

2017年11月08日(水)11時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/李小牧(作家・歌舞伎町案内人)
外国人のための中国共産党大会講座

©2017 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国共産党大会で最高指導部となったメンバー7人は、習近平を除けば単なるお飾り。習がこれから毛沢東のような独裁者になる可能性もある>

人形の中から人形が出てくるロシアの「俄羅斯套娃(マトリョーシカ人形)」のプーチン版をご存じだろうか。開けても出てくるのはプーチン大統領ばかり。つまり、ロシアに本当の権力者はプーチンしかいない、という皮肉だ。では中国でも、習近平(シー・チンピン)国家主席ばかりのマトリョーシカ人形が作られるのだろうか?

共産党大会が先日終わり、新しい最高指導部のメンバー7人が発表になったが、外国メディアの予測報道は軒並み外れ、独裁を続けたい習は後継者候補の若手を選ばなかった。普段でも共産党取材は難しいが、習体制になって情報統制が厳しくなり、より展開が読みづらくなっている。そこで私が今回、特別に「外国人のための党大会講座」を開講しよう。

まず、みんな忘れているようだが、今回の最大の勝利者は習の盟友である王岐山(ワン・チーシャン)のスキャンダルをアメリカで告発し続けた大富豪の郭文貴(クオ・ウエンコイ)だ。王が定年延長をゴリ押しして最高指導部に残れなかったのは、明らかに郭の告発が原因。いろいろ批判されたが、個人で国家に戦いを挑んで結果を出したのだから立派な男だ。

最高指導部の人選も、胡錦濤(フー・チンタオ)前主席派や江沢民(チアン・ツォーミン)元主席派が入ったから習は妥協を強いられたという分析がある。これも間違いだ。トップである政治局常務委員7人は習を除けば単なる飾り。その下の政治局員、中央委員は圧倒的に習の息の掛かった人物が多い。

大した実績もないのに党規約に「習近平の......(長いので省略)思想」を入れた。習は今、毛沢東が住んでいた北京・中南海の「菊香書屋」で暮らしていると聞く。鄧小平も住めなかった場所だ。洗脳教育の効果で国民の礼賛ムードも高まっている。共産党員の大学生が、外資系企業の就職面接で「会社に党支部をつくれ」と大真面目に語ったそうだ。

文革を発動し、死ぬまで独裁を維持した毛は82歳まで生きた。習は今年64歳。習だけのマトリョーシカ人形が作られるのはまだ早い。しかしもし10年の任期を超えて続投するなら......マトリョーシカ人形どころか、毛主席記念堂に代わって習主席記念堂が北京にできるだろう。

【ポイント】
菊香書屋
清朝・康熙帝時代の建築。毛沢東が中南海で初めて住んだ家。毛はベッドの上に歴史書を並べ、それを読みながら権謀術数を練った

毛主席記念堂
北京・天安門広場のそばにある毛沢東の遺体を収めた施設。なぜか見学者は足早に遺体の前を通過させられる。遺体ではなくろう人形との説も

<本誌2017年11月14日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

ロイター企業調査:貿易紛争は4割に影響、日米FTA

ワールド

アングル:北朝鮮、未完成の核兵力容認し実験停止 対

ビジネス

日経平均は続落、米ハイテク株安と為替の円安とが綱引

ビジネス

世界的な貿易戦争、経済にマイナス=SF地区連銀総裁

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!