コラム

ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

2019年07月17日(水)11時50分

同時に、混乱と孤独も抱擁している。もちろん、それは被写体たち自身が中国のマジョリティの価値観――ヤンの言葉を借りれば、安定した仕事、あるいは30歳までに結婚して子供を産まなければいけないというような価値観――の外側で生きていることに起因している。

実のところ、この「Girls」シリーズは少なからずヤン自身のメタファーでもある。彼女自身、思春期にそうした混乱と孤独の感情を抱いていた。それを探求し、自身の問題に対する答えを見つけるために写真を撮り始めたという。また、メインストリームに属さない他の多くの女性たちと、そうした感情をよりシェアするためでもあった。

その結果、「Girls」シリーズの作品は、ヤン自身のセラピーになっただけでなく、中国の新たな社会層を見事にドキュメントするものになった。作品がはらむ孤独や混乱の匂い、それに被写体自身が選んだ、不安でも自由な道に生きるという決意と自信。それらが二律背反的に重り合い、独特の心地よい緊張感を作品に漂わせているのである。

もちろん、その底流には、中国に流れる、いやアジア諸国の多くに存在する「女性たるものはこうあるべきだ」という時代遅れ的な"女らしさ"に批判的なメッセージを送りながら。

親近感も作品の中に強く存在している。それには理由がいくつかあるが、1つは既に述べたように、ヤン自身が写真に投影されていることだ。もう1つは、被写体の多くの女性が彼女の知り合い、あるいは友人の友人だったりすること。だが、時として、街で見つけた見知らぬ人にモデルになってもらうこともあるという。実際、作品の中に見られる親近感は、ヤンの被写体との撮影アプローチに大きく起因している。

「被写体とは撮影前に多くの時間を費やす。それにより彼女たちの真の内面をつかむことが可能になる」と、ヤンは答える。

ヤンのポートレートの撮影は基本的にフィルムだ。その理由も、もっと真理を探ろうという彼女の写真哲学から来ている。ヤンは言う。

「(シャープさと曖昧さの属性を同時に含む)フィルムでの撮影は(被写体を)記録するのに最も正直な方法だから。それは、女性たちの本当の姿を見せてくれるから」

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Luo Yang @luoyangggg

20190723issue_cover-200.jpg
※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。


20210803issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

8月3日号(7月27日発売)は「モデルナの秘密」特集。新型コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業「モデルナ」の正体と、彼らが追う「mRNA治療薬」の可能性


プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

シンガポール、隔離なし渡航9月開始を検討 8月に行

ビジネス

バイナンス、豪ドル・ユーロなどの仮想通貨証拠金取引

ワールド

中国、食品配達サービスの配達員待遇改善を義務付け

ワールド

チュニジア大統領が首相を解任、新首相と行政権行使へ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中