コラム

ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観

2019年07月17日(水)11時50分

同時に、混乱と孤独も抱擁している。もちろん、それは被写体たち自身が中国のマジョリティの価値観――ヤンの言葉を借りれば、安定した仕事、あるいは30歳までに結婚して子供を産まなければいけないというような価値観――の外側で生きていることに起因している。

実のところ、この「Girls」シリーズは少なからずヤン自身のメタファーでもある。彼女自身、思春期にそうした混乱と孤独の感情を抱いていた。それを探求し、自身の問題に対する答えを見つけるために写真を撮り始めたという。また、メインストリームに属さない他の多くの女性たちと、そうした感情をよりシェアするためでもあった。

その結果、「Girls」シリーズの作品は、ヤン自身のセラピーになっただけでなく、中国の新たな社会層を見事にドキュメントするものになった。作品がはらむ孤独や混乱の匂い、それに被写体自身が選んだ、不安でも自由な道に生きるという決意と自信。それらが二律背反的に重り合い、独特の心地よい緊張感を作品に漂わせているのである。

もちろん、その底流には、中国に流れる、いやアジア諸国の多くに存在する「女性たるものはこうあるべきだ」という時代遅れ的な"女らしさ"に批判的なメッセージを送りながら。

親近感も作品の中に強く存在している。それには理由がいくつかあるが、1つは既に述べたように、ヤン自身が写真に投影されていることだ。もう1つは、被写体の多くの女性が彼女の知り合い、あるいは友人の友人だったりすること。だが、時として、街で見つけた見知らぬ人にモデルになってもらうこともあるという。実際、作品の中に見られる親近感は、ヤンの被写体との撮影アプローチに大きく起因している。

「被写体とは撮影前に多くの時間を費やす。それにより彼女たちの真の内面をつかむことが可能になる」と、ヤンは答える。

ヤンのポートレートの撮影は基本的にフィルムだ。その理由も、もっと真理を探ろうという彼女の写真哲学から来ている。ヤンは言う。

「(シャープさと曖昧さの属性を同時に含む)フィルムでの撮影は(被写体を)記録するのに最も正直な方法だから。それは、女性たちの本当の姿を見せてくれるから」

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Luo Yang @luoyangggg

20190723issue_cover-200.jpg
※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。


プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

スイスのUBSとクレディ・スイス、配当制限へ

ビジネス

ファストリ、通期営業益43.7%減に下方修正 コロ

ビジネス

JAL、5月予定の新LCC就航を延期 新型コロナの

ビジネス

日産が5000億円融資枠を要請、3メガ銀と政投銀に

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 8

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!