コラム

私は写真家、「女性写真家」と呼ばれるのも好きじゃない、と彼女は言った

2019年05月25日(土)20時05分
私は写真家、「女性写真家」と呼ばれるのも好きじゃない、と彼女は言った

From Avani Rai @avani.rai

<インドの写真家アヴァニ・ラエは、いくつかの写真スタイルを持つが、どう分類されたいかと聞くと「単に写真家」と答える。性別で区分けされるのも好まないが、彼女の優れた点は、女性と社会との関係を逆手に取った作品も発表していることだ>

今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、インドのボンベイ在住のアヴァニ・ラエだ。映像作家でもある27歳の女性である。

ここ最近の写真界は、とりわけドキュメンタリーの分野において、欧米を中心とする先進国だけでなく第三世界と言われてきた国々でも、才能ある女性の進出が著しくなってきている。むしろ男たちの目に見えないものを潜在的に嗅ぎとる能力が備わっているだけに、より優れたものを生み出す可能性がある。ラエもそうした1人だ。

ラエはいくつかの写真スタイルを持っている。1つは、社会問題にフォーカスしたフォトドキュメンタリーである。オーソドックスなものだけでなく、そのフレーミングや視点は、彼女の父であり、インド写真界の父とも言われるラグー・ラエ(Raghu Rai)の影響を多大に受けている。近年、娘のラエは、父ラグー・ラエの伝記ドキュメンタリー映画を、父と娘の関係もテーマに入れながら製作している。

もう1つは、ファッション的な要素を十二分に持つポートレート、あるいはファインアートのスタイルだ。こちらは、父親の写真とはかなり違っている。

この点に触れ、自身の写真をどう分類されたいのかと問うと彼女は「単に写真家、自分ではそう思っている」と答えた。人は人生においていろいろなことを経験する。スタジオ写真だけで、あるいはストリートフォトグラフィーだけで、あるいは依頼を受けたアサイメントの写真だけで終わる人生なんてあり得ない、と。

こうした写真哲学は、彼女の作品にもしばしば現れている。例えば2枚目の写真(下)は、人の肌、スキントーンに対して、ステレオタイプ的なものを作りがちなファッション写真界や広告界に対するメッセージを含ませている。ラエにとってのスキントーンは、それが白黒写真であろうがカラー写真であろうが、単純に自分が生み出そうとしているイメージの色合いにすぎない。

この場合、写真の2人のモデルは、1人はインド人であり、もう1人はベラルーシの白人女性であるが、それを意図的に1人でもあるかのように重なり合わせているのである。既成のさまざまなステレオタイプ、差異的なもののラインをわざと曖昧にしようとしているのだ。

「女性写真家」と呼ばれることもラエは好まない。写真家という意味においては、本来、男性とか女性とかのジェンダー(性別)は関係ないはずだからだという。また、通常その言葉が語られるとき、平等という概念が欠けがちだからだろう。男性の写真家の場合、わざわざ「男性写真家」と冠を付けることはまずない。

だが、とりわけインドでは、性別で人を区分けしがちだ。そうした社会文化の仕組みの中で、女性の写真家ならできること、あるいはできないことを決めようとする。私たちはこのようなこと――この不条理――を知っておかなければならない、とも彼女は語る。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!