コラム

私は写真家、「女性写真家」と呼ばれるのも好きじゃない、と彼女は言った

2019年05月25日(土)20時05分
私は写真家、「女性写真家」と呼ばれるのも好きじゃない、と彼女は言った

From Avani Rai @avani.rai

<インドの写真家アヴァニ・ラエは、いくつかの写真スタイルを持つが、どう分類されたいかと聞くと「単に写真家」と答える。性別で区分けされるのも好まないが、彼女の優れた点は、女性と社会との関係を逆手に取った作品も発表していることだ>

今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、インドのボンベイ在住のアヴァニ・ラエだ。映像作家でもある27歳の女性である。

ここ最近の写真界は、とりわけドキュメンタリーの分野において、欧米を中心とする先進国だけでなく第三世界と言われてきた国々でも、才能ある女性の進出が著しくなってきている。むしろ男たちの目に見えないものを潜在的に嗅ぎとる能力が備わっているだけに、より優れたものを生み出す可能性がある。ラエもそうした1人だ。

ラエはいくつかの写真スタイルを持っている。1つは、社会問題にフォーカスしたフォトドキュメンタリーである。オーソドックスなものだけでなく、そのフレーミングや視点は、彼女の父であり、インド写真界の父とも言われるラグー・ラエ(Raghu Rai)の影響を多大に受けている。近年、娘のラエは、父ラグー・ラエの伝記ドキュメンタリー映画を、父と娘の関係もテーマに入れながら製作している。

もう1つは、ファッション的な要素を十二分に持つポートレート、あるいはファインアートのスタイルだ。こちらは、父親の写真とはかなり違っている。

この点に触れ、自身の写真をどう分類されたいのかと問うと彼女は「単に写真家、自分ではそう思っている」と答えた。人は人生においていろいろなことを経験する。スタジオ写真だけで、あるいはストリートフォトグラフィーだけで、あるいは依頼を受けたアサイメントの写真だけで終わる人生なんてあり得ない、と。

こうした写真哲学は、彼女の作品にもしばしば現れている。例えば2枚目の写真(下)は、人の肌、スキントーンに対して、ステレオタイプ的なものを作りがちなファッション写真界や広告界に対するメッセージを含ませている。ラエにとってのスキントーンは、それが白黒写真であろうがカラー写真であろうが、単純に自分が生み出そうとしているイメージの色合いにすぎない。

この場合、写真の2人のモデルは、1人はインド人であり、もう1人はベラルーシの白人女性であるが、それを意図的に1人でもあるかのように重なり合わせているのである。既成のさまざまなステレオタイプ、差異的なもののラインをわざと曖昧にしようとしているのだ。

「女性写真家」と呼ばれることもラエは好まない。写真家という意味においては、本来、男性とか女性とかのジェンダー(性別)は関係ないはずだからだという。また、通常その言葉が語られるとき、平等という概念が欠けがちだからだろう。男性の写真家の場合、わざわざ「男性写真家」と冠を付けることはまずない。

だが、とりわけインドでは、性別で人を区分けしがちだ。そうした社会文化の仕組みの中で、女性の写真家ならできること、あるいはできないことを決めようとする。私たちはこのようなこと――この不条理――を知っておかなければならない、とも彼女は語る。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

中国新規融資、11月は1.39兆元 予想上回る

ビジネス

英経済、10月は7年ぶり低成長 ブレグジット不安が

ビジネス

11月のアジア株、海外投資家は売り越し 米中通商協

ビジネス

中国民間企業、デフォルト率が過去最高に=フィッチ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 3

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人筋トレ」の最終形

  • 4

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 5

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

  • 6

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 7

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

  • 10

    「働き方」を変えている場合か! 日本がこのまま「…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!