コラム

『スター・ウォーズ』クワイ=ガン・ジンの言葉を写真哲学に

2019年02月13日(水)16時00分

From Jose Luis Ollo @joseluisollo

<「牛追い祭」の街、スペインのパンプローナを撮り続けるホセ・ルイス・オリョが生み出す、時が止まったかのような世界>

自らの生まれ故郷、それも長年住み続けている場所を現在進行形で切り取り続けることは、写真家にとってかなり難しいことかもしれない。その空間を他人より知っていて当たり前という自負が、しばしば独りよがりの写真や気負いすぎの写真を生み出してしまうからだ。あるいは逆に、意識しすぎて表面的なありきたりの作品に陥ることもある。

にもかかわらず、多くの写真家が自らの故郷や街を撮り続けている。今回取り上げるInstagramフォトグラファーもその1人だ。スペインの北部、ピレネー山脈の西にある小都市パンプローナで生まれ育ったホセ・ルイス・オリョ、52歳である。

確たる写真哲学をオリョは持っている。インスタグラムのプロフィールに書かれている 「Your focus determines your reality(何に焦点を当てるかで自身の現実が決まる)」だ。『スター・ウォーズ』のジェダイの騎士、クワイ=ガン・ジンの言葉を引用したらしい。

彼によればこういうことだ。何をやりたいか、望んでいるかを決めなければならない。自身の関心に最大の注意を払わなければならない。それが写真家のスタイル、テイストを築き上げ、運さえ開いてくれる――。

彼が選んだ最大のフォーカス、すなわち関心事は、言うまでもなく、彼自身の周りにあるパンプローナの日常だ。中世の街並みや城壁の面影を色濃く残したストリート、それを保ちながら近代化した都市の中で暮らしている人々の生活だ。

光と構図の扱い方が巧みだ。柔らかい斜光や逆光を多用している。カメラアイ、とりわけ遠くにある、あるいはファインダーの中で小さく見える被写体に対しての見極め(セパレーション感覚)が優れている。そのため、何気ない写真でさえ印象的だ(例えば下の、城壁の上に立って下を眺めている男性の写真)。

カメラの選択と作品の見せ方も効果的だ。大半はiPhoneで撮影した白黒写真で、Hipstamatic(ヒップスタマティック)というアプリを使っているが、意図的に焦点が甘くなるようなデジタルフィルムやレンズを前もって選んで撮影し、作品を構成している。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング