コラム

『スター・ウォーズ』クワイ=ガン・ジンの言葉を写真哲学に

2019年02月13日(水)16時00分
『スター・ウォーズ』クワイ=ガン・ジンの言葉を写真哲学に

From Jose Luis Ollo @joseluisollo

<「牛追い祭」の街、スペインのパンプローナを撮り続けるホセ・ルイス・オリョが生み出す、時が止まったかのような世界>

自らの生まれ故郷、それも長年住み続けている場所を現在進行形で切り取り続けることは、写真家にとってかなり難しいことかもしれない。その空間を他人より知っていて当たり前という自負が、しばしば独りよがりの写真や気負いすぎの写真を生み出してしまうからだ。あるいは逆に、意識しすぎて表面的なありきたりの作品に陥ることもある。

にもかかわらず、多くの写真家が自らの故郷や街を撮り続けている。今回取り上げるInstagramフォトグラファーもその1人だ。スペインの北部、ピレネー山脈の西にある小都市パンプローナで生まれ育ったホセ・ルイス・オリョ、52歳である。

確たる写真哲学をオリョは持っている。インスタグラムのプロフィールに書かれている 「Your focus determines your reality(何に焦点を当てるかで自身の現実が決まる)」だ。『スター・ウォーズ』のジェダイの騎士、クワイ=ガン・ジンの言葉を引用したらしい。

彼によればこういうことだ。何をやりたいか、望んでいるかを決めなければならない。自身の関心に最大の注意を払わなければならない。それが写真家のスタイル、テイストを築き上げ、運さえ開いてくれる――。

彼が選んだ最大のフォーカス、すなわち関心事は、言うまでもなく、彼自身の周りにあるパンプローナの日常だ。中世の街並みや城壁の面影を色濃く残したストリート、それを保ちながら近代化した都市の中で暮らしている人々の生活だ。

光と構図の扱い方が巧みだ。柔らかい斜光や逆光を多用している。カメラアイ、とりわけ遠くにある、あるいはファインダーの中で小さく見える被写体に対しての見極め(セパレーション感覚)が優れている。そのため、何気ない写真でさえ印象的だ(例えば下の、城壁の上に立って下を眺めている男性の写真)。

カメラの選択と作品の見せ方も効果的だ。大半はiPhoneで撮影した白黒写真で、Hipstamatic(ヒップスタマティック)というアプリを使っているが、意図的に焦点が甘くなるようなデジタルフィルムやレンズを前もって選んで撮影し、作品を構成している。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!