コラム

『スター・ウォーズ』クワイ=ガン・ジンの言葉を写真哲学に

2019年02月13日(水)16時00分

子供時代に親しんだプラスチック製のトイカメラの感覚――不完全さの中にある美に、今でも魅惑され、それを再現したいかららしい。だが、それが彼の写真センスと合わさって、ヨーロッパなら他の多くの都市でも見られそうな風景を、彼独自のテイストに作り変えている。作品の底流に詩的な感覚を漂わせ、時が止まったかのような世界を作り出しているのだ。

とはいえ、その感覚はある種、外部の人間が抱くパンプローナのイメージと矛盾するかもしれない。なぜならパンプローナは、かつてバスク人の王国として名を馳せたナバラ王国の首都だった。中世からつい最近に至るまで、少なからず歴史に翻弄されてきた街だからだ。

また、パンプローナは、サン・フェルミン祭(俗に「牛追い祭」と呼ばれる)が7月に開かれ、数えきれないほどの観光客が訪れ、熱狂と喧騒の街になることでも知られている。同時にここ最近は、その反動で反闘牛運動も大きくなってきている街でもある。

にもかかわらず、冒頭で触れたように、オリョの作品には気負って誇張したようなタイプの写真がほとんど見られない。反闘牛の抗議運動の写真でさえ、時として静かで官能的に捉えている。

だが、そういった点についても、オリョが意識的にしろ無意識的にしろ、さらにフォーカスしようとしていることに起因しているのかもしれない。

つまりは、こういうことである。重要でなさそうに見える、でも何か意義のあることも隠されているかもしれない、ありきたりの瞬間に惹かれてしまう。そうした瞬間を写真の魔術――例えば、光や構図、不完全さの中にある美しさだ――を使って、結果的に解き明かしていきたいのだ、と。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Jose Luis Ollo @joseluisollo

20201027issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月27日号(10月20日発売)は「日本人が知らない ワクチン戦争」特集。新型コロナワクチンの開発と獲得でなぜ後手を踏んだか。日本人はいつ接種できるのか。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

EXCLUSIVE-中国アリババ傘下のアント、上海

ワールド

韓国サムスン電子の李健煕会長が死去、最大財閥で存在

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    中国はトランプ再選を願っている

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 8

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 9

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 10

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!