コラム

タイの「象の足とプール」写真の源は、技巧かユーモアか、それとも...

2018年08月02日(木)18時29分
タイの「象の足とプール」写真の源は、技巧かユーモアか、それとも...

From Tawanwad Wanavit @tang_tawanwad

<フラッシュを巧みに使い、ユーモアのセンスにも長けたタワンワド・ワナヴィット(27歳)。彼のポップなストリートフォトグラフィー作品の根底にあるものとは>

楽しみを追求することは、写真でも人生でも最も大切なことの1つだろう。今回取り上げるタイのタワンワド・ワナヴィットは、そんな写真哲学を実践している1人だ。チェンマイ生まれ、バンコク在住の27歳である。バンコクのマヒドン大学で写真を学んでいるが、本職は写真家というよりも、テレビやインテーネットのコマーシャルを製作する映像作家だ。

マネーメーキングと情熱を分けている、と彼は言う。後者は、ストリートフォトグラフィーに注がれている。それはワナヴィットにとって興奮させてくれるアドレナリンであり、新しいものを発見させてくれる"実験工場"にもなっている。

非常に技巧派だ。バンコクの都会に限らずタイのストリートは、ワナヴィット曰く、濃い灰色のトーンに満ちあふれた最も撮影が難しい場所の1つらしいが、それをフラッシュを巧みに使うことによってポップでエキサイティングなイメージに仕立てている。

単純なクリップオンでのフラッシュテクニックではない。例えば、下の2匹の鶏の写真では、正面にある被写体とその後方部に当たる光の面と出力を見事にカット/コントロールしている。また、4枚目の写真(次のページ)のように、しばしばフラッシュをカメラから大きく外して、サイドからドラマチックに強烈な閃光を当てたりもしている。

ただ、それらは決して大掛かりなセッティングではない。本職の映像フィルムのスキルを活かし、あるいは、映像の仕事では前もって決められたクライアントの要望に沿って撮影しなければならないため、ストリートでしばしばフラッシュを多用してさまざまなパターンを実験しているだけだ、という。

Tawanwad Wanavitさん(@tang_tawanwad)がシェアした投稿 -

Tawanwad Wanavitさん(@tang_tawanwad)がシェアした投稿 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!