コラム

8x10の大判カメラで撮った「時代に抗う」ポートレート

2018年05月22日(火)16時57分
8x10の大判カメラで撮った「時代に抗う」ポートレート

From Bruce Polin @brucepolin

<ブルックリンの公園でブルース・ポーリンが撮るポートレートに込められた、トランプ時代へのメッセージ>

ポートレートは、写真の王道の1つだろう。被写体が撮影されていることを意識していても、その外面だけでなく、人となりまで、少なくとも垣間見せることができる。

それどころか、被写体と撮影者自身に無意識、あるいは意識的にまとわりついている時代性を表してしまう。ポートレートはそうした意味で、ドキュメンタリーやファインアート、パーソナル写真の核になっているのである。

今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、そんなポートレートを8×10の大判カメラで撮っている写真家だ。ニューヨークはブルックリン在住、1960年生まれのアメリカ人、ブルース・ポリーンである。

彼がインスタグラムで継続中の「DEEP PARK」と名付けたシリーズは、ポリーンの代表作の1つだ。ブルックリンのプロスペクト・パークという公園の中で、ここ数年、彼自身が偶然出会った人々のポートレート写真である。

ポリーンは以前からポートレートを撮影していたが、2013年頃までは大半が自宅の地下室での撮影だった。そのマンネリを打破するために彼は、2015年に新しいプロジェクト、8×10カメラによる屋外ポートレート・シリーズの開始を決意する。

しばらくはブルックリンのさまざまな地区で撮影していたが、最終的に、自宅に近く、何よりニューヨークの多様な人々が集う"小宇宙"的なプロスペクト・パークを本格的な舞台として作品を撮り始めた。

白黒写真の被写体は、公園の中でごく普通に佇む人々。だが、非常に神秘的だ。光と構図もさることながら、人物に全く気負いがなく、公園の空気そのものの流れの中に、時としてタイムスリップしたかのように溶け込んでいる。

ポリーンは、被写体を選ぶとき、内面から何かを発している人を選んで撮影すると言う。その内面的な美が現れる瞬間を、被写体とのちょっとしたコミュニケーションを通して導き出し、現れた瞬間につかみ取るのだという。

Bruce Polinさん(@brucepolin)がシェアした投稿 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!