コラム

8x10の大判カメラで撮った「時代に抗う」ポートレート

2018年05月22日(火)16時57分
8x10の大判カメラで撮った「時代に抗う」ポートレート

From Bruce Polin @brucepolin

<ブルックリンの公園でブルース・ポーリンが撮るポートレートに込められた、トランプ時代へのメッセージ>

ポートレートは、写真の王道の1つだろう。被写体が撮影されていることを意識していても、その外面だけでなく、人となりまで、少なくとも垣間見せることができる。

それどころか、被写体と撮影者自身に無意識、あるいは意識的にまとわりついている時代性を表してしまう。ポートレートはそうした意味で、ドキュメンタリーやファインアート、パーソナル写真の核になっているのである。

今回取り上げるInstagramフォトグラファーは、そんなポートレートを8×10の大判カメラで撮っている写真家だ。ニューヨークはブルックリン在住、1960年生まれのアメリカ人、ブルース・ポリーンである。

彼がインスタグラムで継続中の「DEEP PARK」と名付けたシリーズは、ポリーンの代表作の1つだ。ブルックリンのプロスペクト・パークという公園の中で、ここ数年、彼自身が偶然出会った人々のポートレート写真である。

ポリーンは以前からポートレートを撮影していたが、2013年頃までは大半が自宅の地下室での撮影だった。そのマンネリを打破するために彼は、2015年に新しいプロジェクト、8×10カメラによる屋外ポートレート・シリーズの開始を決意する。

しばらくはブルックリンのさまざまな地区で撮影していたが、最終的に、自宅に近く、何よりニューヨークの多様な人々が集う"小宇宙"的なプロスペクト・パークを本格的な舞台として作品を撮り始めた。

白黒写真の被写体は、公園の中でごく普通に佇む人々。だが、非常に神秘的だ。光と構図もさることながら、人物に全く気負いがなく、公園の空気そのものの流れの中に、時としてタイムスリップしたかのように溶け込んでいる。

ポリーンは、被写体を選ぶとき、内面から何かを発している人を選んで撮影すると言う。その内面的な美が現れる瞬間を、被写体とのちょっとしたコミュニケーションを通して導き出し、現れた瞬間につかみ取るのだという。

Bruce Polinさん(@brucepolin)がシェアした投稿 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!