コラム

どこか不可思議な、動物と少女のポートレート

2017年06月15日(木)11時45分
どこか不可思議な、動物と少女のポートレート

From Robin Schwartz @robin_schwartz

<15年以上、自分の娘と犬や猫、猿、カンガルーなどの動物を一緒に撮り続けてきた写真家ロビン・シュワルツ。この写真、実に謎である>

動物は、多くの写真家が好んで被写体に使うものの1つ。今回紹介する米ニュージャージー州在住のロビン・シュワルツもそうした1人だ。ただし、彼女の写真は、動物の可愛らしさや、あるいは野生動物に焦点を当てたものではない。人間を含めた動物たちを種としてとらえ、その関係性を探り求めている。

すでに写真集を4冊出しているが、なかでも、自分の娘アメリアと動物たちをポートレート的に一緒に撮影したシリーズがまさにそれだ。娘が生まれた時に始め、3歳の時から本格的に撮影し、以来15年間続けているプロジェクトである。

2008年に『Amelia's World』、2014年には『Amelia & the Animals』としてアパチャーから出版され、2016年にはグッゲンハイム・フェローシップを受賞している。

【参考記事】Picture Power 捨て犬支援はスタイリッシュに

娘以外の被写体の多くは犬、猫、そして猿だ。加えてカンガルーや虎、象、七面鳥などもあり、多様である。こう書き並べると動物紹介シリーズのように聞こえるが、シュワルツがつくり出している世界の最大の魅力は、アメリアと動物たちとの間に流れている途方もない不可思議な親密感である。

実に謎である。動物たちがシュワルツの娘アメリアを同じ種として眺めているのである(あるいは「扱っている」とも言える)。アメリア自身も、そうした動物たちを人間として見ている観がある。こうした世界を見せつけられると、まれに飛び込んでくる、狼などが人間の子供を自らの子供として育てたというニュースなどは、単なる自然の摂理であるとさえ思えてくる。

こうした親密的な繋がりは、もう1つの親密性を放つ源がなければ存在し得ない。もちろん、写真を撮っている母親のシュワルツである。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米政府、イランの政策変更なければ「最も厳しい」制裁

ビジネス

トランプ大統領、中国が米農産物を大量購入で合意と発

ビジネス

中国、負債圧縮と金融リスク対策を「積極的に」実施へ

ビジネス

日銀の政策運営は妥当と民間議員が評価=諮問会議で安

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 7

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 8

    北朝鮮リスクとは中国リスク

  • 9

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 10

    デジタル化が組織を変え、組織の変化がツールを進化…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!