コラム

イラクで再現される「アラブの春」

2019年11月06日(水)17時00分

ところで、この反政府デモの拡大は、国内外で大きな驚きを持って受け止められている。なぜなら、それがこれまでの反政府活動や市民運動と大きく異なっているからである。欧米のイラク・ウォッチャーの多くは、「過去60年間で(あるいは建国以来)初めての、本格的で全国的な市民運動だ」と注目し、「これまでにない、宗派など出自の違いを超えた、初めての国民的運動の広がり」と興奮した様子でツイートしている。

イラク国内から次々に動画や写真を送ってくるさまざまな階層の人たち(日本のアニメ大好き! という女子大生も含めて)が異口同音にいうのが、「これは革命だ」ということだ。実際、デモ隊と政府側の攻防を同時中継的にツイートしているのは、Iraqi Revolutionというアカウントだし、ハッシュタグには #IraqProtests とか #IrfaaSawtak(声を挙げろ、の意)などが出回っている。

つまり、今回のデモの第1の特徴は、運動が超宗派的で、宗派的な違いがこの対立に全くといっていいほど反映されていないということである。批判の対象となっている政府や主要政党の幹部はシーア派だが、デモ隊の多くもまたシーア派である。いや、むしろスンナ派住民が意図的に参加を控えているといってもいいだろう。なぜなら、スンナ派が主導的に反政府側に参加すると、「ISの再来だ」とか、「(スンナ派が優位にあった)戦前の旧体制を支持する者たちの反逆だ」などと、政府側がデモ隊を鎮圧する際の口実に容易に使われてしまうからだ。そのことをよく知っているため、スンナ派地域ではデモへの参加を控えている。

デモ隊「10か条の要求」

それでも、共感を示すためにモースル(住民のほとんどがスンナ派でISの支配下におかれたことから、シーア派の治安部隊の間にはモースルのいまだに懐疑心を持っている)からタハリール広場にやってきた若者が、「我々はデモ隊を支持する」というプラカードをおずおずと掲げた姿がSNS上で好意を持って拡散されるなど、スンナ派からの応援は歓迎されている。タハリール広場でデモ隊の間で行われる礼拝に、スンナ派、シーア派両方の礼拝師が呼ばれている様子も見られる。

第2の特徴は、デモ隊の間で明確な反イラン姿勢が打ち出されていることだ。11月4日には、シーア派聖地カルバラで、デモ隊によってイラン領事館が襲撃された。カルバラは上述したアルバイーンなど、シーア派の巡礼行事の重要な拠点であり、毎年数百万のイラン人巡礼客が訪れる。その観光収入で街が潤っていると言ってもいい。そのカルバラでイラン領事館が、同じシーア派のカルバラ県住民に襲撃されたということは、宗派が同じだからといってイラク国内でのイランの影響力増大に満足しているわけではない、ということがよくわかる。

反イランを打ち出す以上に、徹底してデモ隊が拒絶するのが、与野党関わりなく、すべての政党の介入だ。これまでの反政府デモの多くが、最初からにせよ途中からにせよ、「サドル潮流」の協力や介入を受けてきた。ムクタダ・サドル率いる「サドル潮流」は、他の政党と異なり、下層住民、特に社会的に周縁におかれた若者の支持を集めてきた。2018年の選挙でも、最も多くの票を得た第一党となった。今回のデモでも、25日のデモはサドル潮流が積極的に呼びかけたものとなったが、だからといって「サドル潮流」がデモ全体を仕切っているわけではない。ツイッターで伝えられる動画には、「ハーディー(アーミリー、親イラン派の政党ブロック「征服」の党首)にノー、ムクタダ(サドル)にノー」と壁にスローガンを書く若者に、「サドル潮流」のメンバーが何かを語りかける姿が映し出されている。

11月4日、デモ隊が発行するビラに「10カ条の要求」が掲げられたが、そこには「政府の即時退陣」の他、その後の移行政府は政党からではなく民衆から選ばれること、選挙は政党を選ぶ比例代表制ではなく個人が立候補するものにすること、地方に与えられた政府設立権を廃止すること、などが挙げられている。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

ニュース速報

ワールド

原油先物4%安、新型ウイルスの世界的な拡大で需要崩

ビジネス

米経済は順調、新型肺炎はリスク=クリーブランド連銀

ワールド

新型ウイルス患者が中国外で急増、感染拡大巡る懸念で

ワールド

WHO「パンデミック宣言は尚早」、新型ウイルス阻止

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!