コラム

チャットGPTは、アメリカ社会をどう変えるか?

2023年03月01日(水)16時50分

アメリカ社会では様々な分野で議論が始まっている Useba011d64_201/iStock.

<英語で使用する限りでは、文章の作成・添削の能力は実用レベルに達している>

2022年11月30日に、サンフランシスコに本拠を置くベンチャー企業 Open AI 社は、AI(人工知能)が人間と対話する「チャットポット」をインターネットのパブリックな空間でリリースしました。UI(ユーザーインターフェース)は簡単で、ユーザーが文章でポットに質問を投げかけると、文章で回答を返してくるというスタイルです。これが現在、世界中で話題になっているチャットGPT の始まりでした。

私が、その存在と効果を知ったのはリリースから約1カ月弱後の12月後半でした。その時は英文のネイティブチェック的な使い方を、テック技術者のアシストで経験したのですが、その精度に驚嘆したのを覚えています。それから1カ月経過した本年の1月末には、かなり広範な社会現象になり、2月に入るとユーザーが3億人を超えたとして一般のメディアでも話題にされるようになりました。

その後、サーバの容量不足でサービスを受けるのに時間がかかる時期もありましたが、本稿の時点では容量の追加や、日々のアップデートなどがされているらしく、接続については、やや改善されています。運営サイドも、2月13日には「初期リリース」から「安定的リリース」にフェーズを進めています。また、混雑時に優先して使用ができる有料サービスの「PLUS」も始まっていますが、本稿の時点ではキャパを超えているらしく、登録しようとすると「ウェイトリスト」に入れられます。

ちなみに、現時点では日本語のデータ蓄積量はまだまだ少ないようで、事実を問うような質問ではどんどん誤情報が返ってくるのが現状です。試しに、今現在「旬」である芸能人3人について入力してみたところ、1名は「知らない」と言われ、残りの2名については全く間違った情報が返ってきました。ビジネスレターの様式などはある程度は習得しているようですが、日本語特有のニュアンスの表現に関しては、まだまだ実用レベルにはなっていません。

英語の膨大な言語データ

ですが、英語の世界では違います。そもそも Open AI 社が英語圏の企業ということもありますが、恐らく膨大な言語データを有しているものと思われ、まず文章の作成や添削の能力としては、ハッキリ申し上げて実用レベルに達していると思います。現時点では、アメリカ社会もその実力を認め、その上で様々な分野で議論が始まっているところです。今回は4つの分野についてお話したいと思います。

1つ目は、教育の分野です。情報を検索するということでは、既にネットに多くのツールがありますが、チャットGPT を使うと正確な英文が簡単に書けてしまう、これは画期的なことです。まず、高校や大学では宿題のエッセイを書くのに、学生が使い始めており、早速論争になっています。例えば、調査と作文を一括で処理させるような行為が横行するようだと、学生の学習体験にならず学力が向上しないという指摘がされています。このため原則禁止にする学区もあり、学校貸与のデバイスでは接続を遮断するケースも見られます。

一部の大学では、チャットGPT が出力してくる英文の「クセ」を見抜くソフトを導入して「不正行為」の摘発に乗り出すとしているケースもあります。深刻な問題は、大学入試の小論文(エッセイ)試験です。アメリカの場合は、在宅受験であり、しかも教員や親などから英語の「言葉遣い」のチェックを受けることは特に禁止されていません。ですが、最初からAIに書かせたエッセイが横行すると入試制度が混乱してしまう懸念があります。今年の入試(原則として昨年の12月末締め切り)では、表面だった問題にはなっていませんが、次年度へ向けては各大学が対応に追われることと思います。

一方で、修士レベル以上では、文章作成というのが「論文執筆の後工程」に過ぎないという考え方を取るならば、チャットGPT というのは論文の生産性を劇的に高めるのは事実です。また、英語力が発展途上の留学生に取っては、論文執筆の心強い味方になります。もちろん出力された英文が自分の論旨に外れていないかを確認する工程を省略することはできませんし、ある程度はオリジナルな表現を入れるべきですが、こうした使用法は否定できないという意見はあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story