コラム

複雑に絡み合うトランプ別荘強制捜査の政治的意味

2022年08月17日(水)14時10分

強制捜査のニュースを聞き付け、トランプ別荘前に集結した支持者たち Marco Bello-REUTERS

<トランプを逮捕起訴に持ち込んで、次期大統領選への出馬を不可能にさせる意図はありそうだが、果たして立件できるかどうかは不明>

8月6日月曜、ドナルド・トランプ前米大統領が住居兼オフィスとして使用している、フロリダ州の別荘「マーラーゴ」に、突然FBIが家宅捜索に入りました。ここは、亡くなった安倍元首相の夫妻も訪問したことがある、有名なリゾートです。捜査開始の時点では目的は明示されていませんでしたが、後に、機密文書の持ち出し疑惑だと報じられ、追ってその内容は「核に関する国家機密」だという説明が明らかにされました。

当初は詳細を語らなかったメリック・ガーランド司法長官も、捜査が進む中でFBIによる捜査については自分が承認したことを明言しています。これに対して、怒ったトランプ支持者は「トランプ2024」、つまり次期大統領選にトランプが出馬することへの待望論を示した大きな旗を振り回して集結。一時は騒然とした雰囲気となったようです。また、オハイオ州ではトランプ派がFBIを襲撃して銃撃戦の末に射殺されるという物騒な事件も起きました。

この捜査ですが、もちろん政治的な意味があります。と言いますか、政治的意図によって指揮された捜査と考えるのが自然です。では、具体的にどんな意味合いがあるかというと、5点ほど考えられると思います。

F B Iが見せた「本気度」

1つ目は、11箱に及ぶという押収した機密文書を解析することで、トランプを逮捕起訴に持ち込み、2024年の大統領選への出馬を不可能にするという意図です。FBIは逃亡を防止するために、パスポートを差し押さえてから捜査に入ったと言われており「本気」を見せていますが、果たして立件ができるかどうかは、現時点では不明です。

2つ目は、ヒラリー・クリントンへの中傷に対する政治的報復という意味合いです。ヒラリーは、国務長官当時に省内の内通者の存在を恐れたのか、あるいは単純に接続の利便性を優先したのか、理由はハッキリしませんが、公務に私的なメールサーバを使用して問題になったことがありました。この件について、2015〜16年の選挙戦を通じて、トランプはヒラリーの「犯罪」を声高に追及しており、トランプ支持者は「ヒラリーを投獄せよ」などと大合唱して中傷したのでした。

また、トランプはわざわざ「機密情報の持ち出し」に対する厳罰化もしています。ですから、今回の一件が仮に起訴ということになれば、自分が厳罰化した法律に自分が裁かれるということになるわけです。そのことも含めて、ヒラリーに対する一連の中傷に対する反撃という意味合いを指摘する声があります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、1週間で4回の高頻度

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中