最新記事

トランプ

FBIの家宅捜索はトランプ2期目に有利になる?

FBI Search of Donald Trump's Mar-A-Lago Could Be 'Perfect' for 2024 run

2022年8月10日(水)16時19分
キャサリン・フォン

家宅捜査の翌日、ニューヨークのトランプタワーに帰宅したトランプ David 'Dee' Delgado-REUTERS

<機密文書持ち出しの容疑でトランプの邸宅を家宅捜索したFBIの行動は、トランプ支持層の結束をもたらし、トランプ次期大統への道を拓くかもしれない>

ここ数カ月、ドナルド・トランプ前大統領が、2024年の大統領選挙で立候補する可能性を示唆する報道が活発化している。FBIは8月8日にフロリダ州パームビーチにあるトランプの邸宅「マールアラーゴ」を家宅捜索したが、これはトランプに、大統領選出馬を発表する格好の舞台を提供することになるかもしれない。

トランプ邸から押収された資料から何が出てくるかを国民が注目するなか、専門家は、今回の家宅捜索はトランプにとってあながち悪いことばかりではないだろうと予測する。大統領選への出馬を発表する時期をうかがっている候補者にとって、FBIの捜索は助けになるかもしれないのだ。

ヒューストン大学のブランドン・ロティングハウス教授(政治学)は、「トランプの支持者はトランプに忠実で、不平不満ではちきれそうになっている。FBIの手入れは、支持者を政治的熱狂に導く最適なイベントだ」と本誌に語った。

トランプ邸の家宅捜索が行われた8日、トランプ邸の周辺は大騒ぎになり、彼の支持者と仲間はトランプの味方として結束し、連邦の法執行機関に対して怒りを表明した。

【動画】FBIの手入れを知ってマールアラーゴに集まったトランプ支持者たち

「トランプを支持し、連邦政府による『行き過ぎ』に反対する右派の反応の激しさと素早さは、たいしたものだ」イギリスのジャーナリスト、ジョン・ソペルはこうツイートした。「トランプにとって、ホワイトハウスを去って以来最高の日だ」

「不当な迫害」のイメージ

トランプは家宅捜索を確認し、これをウォーターゲート事件と比較した声明を出し、「検察の不正行為、司法制度の武器化、そして私が2024年の大統領選に立候補しないことを望む急進左派民主党による攻撃だ」と語った。

今回の家宅捜索とそれに対するトランプの対応は、2016年の選挙戦での成功を有権者に思い出させる形になった。当時の選挙運動でトランプは「勝ち目のない戦いに挑むファイター」というイメージを打ち出していた、とロティングハウスは言う。

FBIの捜索を政治のせいにすることで、トランプは過去6年間に築き上げた「障害を取り除いて問題を解決する」アウトサイダーというイメージを強化することができるだろう。

民主党の元大統領候補アンドリュー・ヤンは8月9日、トランプ前大統領と「腐敗した政府の体制」を対置することが、トランプのアピールの「基本的な」部分だとツイートした。

「今回の家宅捜索で、これをトランプに対する不当な迫害と見る何百万人ものアメリカ人の確信が強化される」と、ヤンは指摘した。

ロティングハウスは、今回の家宅捜索は、トランプを支持する人々を熱狂させる可能性が高いが、FBIに対するトランプの反撃が「より広い有権者層の動きに影響する可能性は低い」と述べた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:日本株高、海外勢の円売り需要惹起 投機追

ビジネス

モルガン・スタンレー、アブダビ拠点開設 湾岸でプレ

ワールド

太平洋の警察活動に「中国の役割ない」、豪担当相が表

ワールド

政治資金パーティー、首相在任中は開催せず=岸田首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中