最新記事

トランプ

FBIの家宅捜索はトランプ2期目に有利になる?

FBI Search of Donald Trump's Mar-A-Lago Could Be 'Perfect' for 2024 run

2022年8月10日(水)16時19分
キャサリン・フォン

家宅捜査の翌日、ニューヨークのトランプタワーに帰宅したトランプ David 'Dee' Delgado-REUTERS

<機密文書持ち出しの容疑でトランプの邸宅を家宅捜索したFBIの行動は、トランプ支持層の結束をもたらし、トランプ次期大統への道を拓くかもしれない>

ここ数カ月、ドナルド・トランプ前大統領が、2024年の大統領選挙で立候補する可能性を示唆する報道が活発化している。FBIは8月8日にフロリダ州パームビーチにあるトランプの邸宅「マールアラーゴ」を家宅捜索したが、これはトランプに、大統領選出馬を発表する格好の舞台を提供することになるかもしれない。

トランプ邸から押収された資料から何が出てくるかを国民が注目するなか、専門家は、今回の家宅捜索はトランプにとってあながち悪いことばかりではないだろうと予測する。大統領選への出馬を発表する時期をうかがっている候補者にとって、FBIの捜索は助けになるかもしれないのだ。

ヒューストン大学のブランドン・ロティングハウス教授(政治学)は、「トランプの支持者はトランプに忠実で、不平不満ではちきれそうになっている。FBIの手入れは、支持者を政治的熱狂に導く最適なイベントだ」と本誌に語った。

トランプ邸の家宅捜索が行われた8日、トランプ邸の周辺は大騒ぎになり、彼の支持者と仲間はトランプの味方として結束し、連邦の法執行機関に対して怒りを表明した。

【動画】FBIの手入れを知ってマールアラーゴに集まったトランプ支持者たち

「トランプを支持し、連邦政府による『行き過ぎ』に反対する右派の反応の激しさと素早さは、たいしたものだ」イギリスのジャーナリスト、ジョン・ソペルはこうツイートした。「トランプにとって、ホワイトハウスを去って以来最高の日だ」

「不当な迫害」のイメージ

トランプは家宅捜索を確認し、これをウォーターゲート事件と比較した声明を出し、「検察の不正行為、司法制度の武器化、そして私が2024年の大統領選に立候補しないことを望む急進左派民主党による攻撃だ」と語った。

今回の家宅捜索とそれに対するトランプの対応は、2016年の選挙戦での成功を有権者に思い出させる形になった。当時の選挙運動でトランプは「勝ち目のない戦いに挑むファイター」というイメージを打ち出していた、とロティングハウスは言う。

FBIの捜索を政治のせいにすることで、トランプは過去6年間に築き上げた「障害を取り除いて問題を解決する」アウトサイダーというイメージを強化することができるだろう。

民主党の元大統領候補アンドリュー・ヤンは8月9日、トランプ前大統領と「腐敗した政府の体制」を対置することが、トランプのアピールの「基本的な」部分だとツイートした。

「今回の家宅捜索で、これをトランプに対する不当な迫害と見る何百万人ものアメリカ人の確信が強化される」と、ヤンは指摘した。

ロティングハウスは、今回の家宅捜索は、トランプを支持する人々を熱狂させる可能性が高いが、FBIに対するトランプの反撃が「より広い有権者層の動きに影響する可能性は低い」と述べた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

武田、副甲状腺機能低下症治療剤の製造を24年末で中

ワールド

ノーベル物理学賞にアスペ氏ら3氏、量子力学で功績

ビジネス

スペインの銀行、景気減速で引当金積み増し必要に=中

ビジネス

台湾の鴻海、第4四半期の売上高見通しを「慎重ながら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月