コラム

戦没者を侮辱するトランプ、その発想をどう理解すれば良いのか?

2020年09月08日(火)17時30分

一つの考え方は、第1次世界大戦もベトナム戦争も「民主党の戦争」だから価値を認めていないという可能性です。ですが、トランプは共和党のブッシュの始めたアフガン戦争やイラク戦争にも批判的ですし、ブッシュ、チェイニー、マケインといった共和党の軍事タカ派については、産軍共同体の手先という言い方でまるで左翼の反戦主義者のような批判をしています。

それではトランプは平和の使徒なのかというと、それも違うようです。目的のためには手段を選ばず、暗殺も、空爆も、紛争状態のエスカレーション扇動も、同盟国への侮辱や切り捨ても平気で行うなかには、平和主義のかけらもありません。

そんなトランプについては、2つの仮説をもって理解するしかなさそうです。

1つは、極端なまでに自己中心だということです。世界の中では「アメリカ・ファースト」なので、欧州のトラブルに関与したり、ベトナムで反共産主義作戦をしたりというような「他国のために米軍が戦う」ことの意義を全く認めないわけです。またアメリカの中では「自分ファースト」ですから、自分が国家の犠牲になるという発想が理解できない一方で、過去にベトナム徴兵逃れをした自分を正当化しているわけです。

もう1つは、徹底した権威破壊です。トランプのコアの支持層は高い教育を受けるチャンスを放棄し、結果的に社会の中で怨恨を抱いているような人々です。そうした人々にとっては、ウォール街やシリコンバレーの成功者、人権や多様性について説教してくるリベラルなどとともに、戦没者や負傷米兵などが「英雄視」されることについても、その権威を破壊して見せると「スカッとする」のだと思います。

別の言い方をするのであれば、英雄視されている存在である戦没者を「負け犬」だとおとしめることで、自他ともに「負け犬」だと思っている層に媚びる、そんな作戦という理解ができます。

どちらにしても極端な考え方であり、賛同者は限られるし、それ以外からは相当な嫌悪感を持たれても仕方のない発想法です。大統領が、どのように反論していくのか、それともさらにスキャンダラスな発言が暴かれていくのか、当面はこの問題が大統領選の焦点になりそうです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、超党派案がたたき台に=下院

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

ワールド

イラン、地下施設に新型ウラン濃縮機設置へ 核合意違

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!