コラム

新型コロナ拡大に備える、アメリカ流「悲観論」の読み方

2020年03月18日(水)17時40分
新型コロナ拡大に備える、アメリカ流「悲観論」の読み方

新型コロナの感染拡大の影響で人影もまばらなニューヨークのタイムズスクエア Carlo Allegri-REUTERS

<危機に際して徹底した「悲観論」を掲げておいて、予想よりもプラスに推移しているという認識に持っていくのは、アメリカでは良くある手法>

アメリカにおける新型コロナウィルス感染拡大の状況としては、当初はワシントン州とニューヨーク市北部が中心だったのが、市中感染が各州に拡大しているのが現状です。そのアメリカの対応ですが、本稿の時点では、「国家非常事態」が宣言された上で、

▼10人以上の集合は自粛(学校と職場は除く)
▼バー、レストランは休業を要請

という全国レベルの「準ロックダウン(閉鎖)」になっています。感染ピークの中国や、現在のイタリアやフランスよりは緩い対応ですが、日本の対応よりは相当に厳しいものと言えます。ニューヨーク市内など感染が拡大しているところは別としても、この時点では全米一斉にここまで厳しい対応をするのは、アメリカ社会の特性を反映していると考えられます。

その特性とは、1つには「一線を越えると判断が速い」ということです。判断を渋るのは弱いリーダーシップというイメージがあって、「今なのか? 先送りなのか?」という選択肢に直面すると「今」を選択する傾向があると言えます。とにかく「様子を見るのではなく、動いて」しまい、その上で問題があれば修正するという方法論です。

もう1つアメリカ社会に特徴的なのは、独特の「悲観論」です。昔からアメリカ人は陽気で楽観的というイメージがありますが、危機に陥った場合や、状況が後ろ向きになった場合などに、かなり徹底した「悲観論」を持ち出すことがあります。今回もその例だと言えます。

例えば、3月16日(月)にトランプ大統領が行った会見で飛び出した「収束は7月から8月になる可能性」という発言です。15日で好転するとか、長くても数カ月で何とかなるという期待を多くの人が抱いている中で、7月から8月というのは、よく言えば「楽観論を戒めて最悪の事態に備える」態度とも言えます。

「失業率20%もあり得る」

ですが、悪く言えば「責任回避のためにとりあえず最悪の事態を口にしている」だけのようにも取れます。実際にこのコメントは、あまりにネガティブだったために取引時間内のニューヨーク株式市場では記録的な暴落を記録することとなりました。

もう1つは、その翌日、3月17日にムニューシン財務長官が口にした「コロナウィルスの影響は、リーマンショックを上回る可能性があり、最悪の場合は失業率が20%を越えることもあり得る」という発言です。

現在は史上最低と言っていい3.6%というアメリカの失業率ですが、今週から一気に「自粛」の影響が噴出しており、一気に悪化するのは免れない状況です。ですが、それでも「20%」というのは衝撃的です。しかも財務長官の発言ですから、その重みは無視できません。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

アングル:日銀に迫るコロナ「秋の陣」、感染急増で景

ワールド

台湾、海外に民主主義をアピール 投資・人材を誘致へ

ワールド

「GoTo」進め方、明日の分科会で専門家が分析し国

ビジネス

英経済、「不完全なV字型」回復に=テンレイロ中銀金

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!