コラム

イートイン脱税問題、そもそも外食は贅沢なのか?

2019年11月05日(火)19時10分

もっと一般化して、夕食の場合、きちんと食材を買ってきて調理できる場合と、仕事帰りに外食で済ます場合、これも内食の方が生活に余裕があって贅沢と言えるのではないでしょうか? 朝食にいたっては、自宅でとりあえず食べてから出勤するのと、途中でスタンド的なところで食べるのでは、どう考えても内食の方が余裕があって贅沢な感じがします。

コンビニのイートインも同様です。同じように弁当を買って食べるとして、自宅でゆっくり食べるとか、職場の自席や休憩スペースで食べる場合と、「イートインで食べなくてはならない場合」を考えると、もちろん例外はあると思いますが、「イートインが贅沢」だということはまずないと思います。

持ち帰りよりも余裕がないケースも

コンビニのイートインで食べるというのは、基本的に急いでいる、孤食であるという特徴があります。営業先から営業先へ向かう途中であるとか、帰宅途中であるとか、場合によっては派遣社員なので派遣先の職場の休憩スペースは使えないとか、自席での飲食が禁止されているといった「困難」があるからイートインを利用するという場合もあるかもしれません。

さらに言えば、同じように「外で食べる」にしても、飲食店ではなく、コンビニのイートインを利用するというのは、時間を節約するためという動機が多いのではないでしょうか。

そう考えると、人間の自然な感情ということに照らして、そもそも「外食が内食より贅沢」という価値観は、相当に崩れているし、場合によっては逆転していると思われます。その中でもコンビニのイートインというのは、贅沢でもなんでもなく、持ち帰りよりも余裕のない食事になるケースが多いということが言えます。

それなのに、脱税幇助などという悪口を叩かれるのを恐れて、奇怪な「脱税禁止のアナウンス」がリピートされるというような「シュールな空間」を作り出しては、イメージダウンは必至ではないでしょうか。

とは言え、コンビニ本部もこの件では被害者であり、本当に批判されるべきはイートインで急いで食事を済ませる人々の気持ちの分からない財務省であり、また与党の中で積極的にこの制度を推進した公明党であると思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

日産、EV「アリア」を来年半ば日本で発売 復活の象

ビジネス

シルク・ドゥ・ソレイユ、債権団の資本増強案受け入れ

ワールド

豪ビクトリア州首相、行動制限強化の可能性示唆 感染

ワールド

香港民主派の予備選、主催者1人が撤退表明 国安法巡

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免疫システムで新研究

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!