コラム

中間選挙後の米政治は「ねじれ議会」でますます不透明に

2018年11月08日(木)16時00分
中間選挙後の米政治は「ねじれ議会」でますます不透明に

中間選挙後の記者会見でCNN記者からの質問を制止するトランプ大統領 Kevin Lamarque-REUTERS

<議会上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」の結果を受けて、トランプがさらに強硬な姿勢に出るか、それとも対話路線へと転向するか、米政治の先行きはさらに不透明>

アメリカの中間選挙は、上院が共和党の過半数、下院が民主党の過半数という、大方の予想通りの結果となりました。ですが、内容を見てみると「上院は共和党が50から51という予想が実際は52から54(本稿時点では2議席が未確定)へと上乗せ」「下院の民主党議席数も大勝とは言えないレベル」ということで、共和党は予想外の善戦をしたと見ることができます。

善戦の理由ですが、何と言っても保守派のカバナー判事を最高裁判事として送り込んだことで、宗教保守派をほぼ100%味方に引き入れた一方で、大統領が精力的に遊説を行って、移民排斥をテーマに右派ポピュリズムをエスカレートさせたことの相乗効果が大きいと思います。

通常は40%前後の投票率である中間選挙において、47〜49%に達したという今回の高投票率は歴史的です。ですが、トランプ政治への批判や危機感から投票所へ向かった民主党支持者だけでなく、宗教保守派とトランプ派の投票率も高かったわけで、その結果として、フロリダなどの中道州などでは稀に見る接戦になりました。

そこで注目されるのが、今後の政局はどうなるのかという問題です。これでトランプ政権が勢いづいて「より極端な政治」に向かう可能性もあります。この選挙を勝利であり、政権への信任だと見るのであればそうなるでしょう。その一方で、強い権力を持つ下院を民主党に奪われたことで、対話を中心とした慎重姿勢を見せる必要もあるという指摘も多くされています。

そんなわけで、選挙から一夜明けて、社会も政界もとりあえず「新しい時代の方向性を模索」し始めたところです。NYの株価はジリジリあげて、結果的に大幅上昇となりましたが、とりあえず「選挙結果は市場の予想の範囲内」という安心感がベースにはありました。

ところが、その選挙翌日の11月7日の午後になってワシントンに激震が走りました。かねてから大統領との確執が伝えられていた、ジェフ・セッションズ司法長官が更迭されたのです。「大統領の要請による辞任」ということですから、要するにクビということです。

理由としては、セッションズ氏は大統領選の初期段階に上院議員としては最初にトランプを支持したことの論功行賞として、司法長官という要職に指名されて就任したのですが、「ロシア疑惑」が発生するとともに「自分は早期からトランプ陣営で選挙戦に関与していたので、ロシアとの接触など利害関係がある」として、捜査の指揮権を「司法副長官」に委任してしまったのです。これに対して、大統領は「大統領を守らず自己保身に走った」として、ネチネチと批判を繰り返していたのでした。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米ウォルマート、8─10月も米既存売上高が予想上振

ワールド

英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ

ビジネス

イタリア、「同盟」が次回選挙で過半数獲得ならユーロ

ワールド

英EU離脱担当相ら辞任、協定案承認に抗議 与党でメ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!