コラム

今年は「お投資玉」でお金を育てるのはいかが(パックン)?

2023年01月10日(火)17時12分
パックン、投資、資産運用

人生にはお金を「育てる」意識が必要だ Khanchit Khirisutchalual/iStock.

<投資は資産を増やすというより、自分の人生の手綱を握る「ファイナンシャル・コントロール」のために必須の方法。お年玉感覚で挑戦しては?>

奇跡的な出会いとでもいうのか、日本とアメリカの文化が重なり合い、社会に大きな喜びを与える、素晴らしい発明が生まれることがある。その代表例が......照り焼きバーガーかな。

なかなかそれを上回るものはないかもしれないが、2023年を迎えたこのタイミングで、僕からも新しい日米文化の融合を提案したい。

日本からは、「お年玉」を使おう。年頭に子供に現金を渡すこの伝統を、来日して初めて知った時は結構驚いた。「日本人はお金で子供の愛が買えるとでも思っているのか?」と。しかし少し考えてみたら、すぐ納得した。アメリカはお金ではなくクリスマスプレゼントを使っているが、似たような「愛の取引」が成り立っている。残念ながら、その取引の恩恵を受けているのは親ではなく、サンタさんだけどね。親への反抗があっても、子供はみんなサンタさんが大好きだ。なんか悔しい......。

一方、アメリカからは、毎年恒例のNew Year's Resolution(新年の決意)を使うことにする。これは、人それぞれが個人の発展や私生活の向上などを目指し、この一年間頑張ることを表明する、自分への約束だ。「5キロ減量する!」や「週に一回お酒を飲まない『休肝日』をもうける!」などが一般的な例。もちろん、元日に決意してもすぐに断念する「三が日坊主」な人も多いし「今年の決意は、去年の決意を実行すること!!」と、毎年言っている僕の父もいる。

でも、新年に心機一転、新しいルーティーンを習慣づけるこの文化をぜひ広めたい。特に今回おすすめしたいのは、一年どころか、一生メリットが受けられる決意。それは「ファイナンシャル・コントロール」というやつ。

日米で6割が「コントロール」できていない

フィナンシャル・コントロールというのは、お金と賢く付き合って、しっかりと個人の財産の手綱を握ることだ。それができていないアメリカ人は多い。急病などで突然1000㌦の出費があった場合、56%の人は預貯金でその額を賄えないというし、3分の1の家庭は収入の全てを生活費に費やしているという。

しかも、それは全員が貧困層というわけではなく、資産が5万ドル以上あってもギリギリの生活を送っている、いわゆるWealthy Hand to Mouth(お金持ちなのにその日暮らし)な家庭も20%近くいるという。資産があるのに、お金がない。翼があるのに、飛行できない、ペンギンやガチョウ、または昔の滝沢秀明さんのような状態だ。

日本にもお金に振り回されている、経済の主導権を握れていない人も多い。自己破産などのシビアなケースじゃなくても、お金が心配で希望通りの教育を受けられない、好きな仕事に挑戦できない、結婚や子育てをする余裕がない、老後が不安だ、などなど......こういった悩みは全部フィナンシャル・コントロールの話になる。

ちなみにアンケート調査によると、老後のお金が不安・不十分だと答える人はアメリカでも、日本でも6割を超えるそうだ。

ということで、年を取ることに備えるためにも、新年を迎えたタイミングで、お金と正しく付き合うことを決意しようではないか! それが今回の提案。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『パックン式 お金の育て方』(朝日新聞出版)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中