コラム

「常識」を目指した故パパ・ブッシュが残した教訓

2018年12月07日(金)15時50分
「常識」を目指した故パパ・ブッシュが残した教訓

当選後のパパ・ブッシュは「全国民の大統領」としてのつとめをまっとうした REUTERS

<パパ・ブッシュが再選できなかったのは、いい人だったからかもしれない>

America's Best One Term President(アメリカで一番良かった1任期大統領)。先日94歳で亡くなったジョージ・H・W・ブッシュ(パパ・ブッシュ)はよくこう評価される。なんとも言えない表現だ。政界の基本として、現職は選挙に極めて有利だが、大統領も例外ではない。1900年以降、選挙で負けた現職大統領はたった5人だけ。バイアス(思い込み)がかかっている見方かもしれないが、再選しない大統領はかなり訳ありなイメージ。その中の「ベスト」は「一番おいしいイギリス料理」のような、微妙な評価だ。

では、改めてパパ・ブッシュの大統領っぷりを振り返って、評価をしてみよう。まずは、何をやった人なのか?

僕個人として一番覚えているのはブロッコリーゲート事件。「俺は大統領だ。もう、ブロッコリーなんか食べない!」と、エアフォースワン(大統領専用機)のメニューから特定の野菜を排除した。すると翌日、全国の農家から送られた2万トンの「抗議ブロッコリー」がホワイトハウスの前庭に集積された。庭師もブロッコリー仰天だ!

皆さんには「嘔吐事件」が印象的ではないでしょうか? 日米貿易摩擦の最中の92年、首脳会談のために来日したブッシュ大統領は首相主催の晩餐会で体調を崩し、宮澤喜一首相の膝の上に嘔吐してしまったのだ。原因は不明だが、交渉条件が呑み込めなかったためか、ブロッコリーを食べ過ぎたためかと思われる。

真面目にいこう。全世界で記憶に残っているのは91年の湾岸戦争。イラクがクウェートを侵略した際、すぐに「許さない」と立ち上がったのがブッシュ大統領だった。国際連合安全保障理事会で初めて、国連加盟国に対する武力行使の承認を取り、多国籍軍を結成し、あっさりとイラク軍を退かせた。僕の世代のアメリカ人にとっては、アメリカが戦争に勝ったほぼ初めての記憶だ。

しかも戦争の費用はほとんど、サウジアラビアなど他国が支払った。後方支援に回った日本でもタバコ税や酒税が上がったのを、いまだに僕の相方、マックンが根に持っている。でも、アメリカ人からみれば軍事的にも、外交的にも、財政的にもあんなにうまくいった戦争はない。僕は戦争を賛美するつもりは全くないが、多くのアメリカ人はそう評価し、当時のブッシュ大統領は史上最高並みの支持率を誇っていた。

ほかにも、ブッシュは外交における功績を複数遺した。91年末のソ連崩壊後は、ロシアとの対立を煽らず、温厚な調和策を選んだ。ドイツの東西統一を支援し、イギリスやフランスの反対を押し切ってドイツをNATOに加盟させた。イスラエル周辺のアラブ諸国を、史上初めて一つのテーブルにつけて和平交渉を勧めた。そして、貿易交渉中に日本の首相に腹の内を見せた。まあ、少なくとも胃の中身を見せた。

すみません。真面目にいく。

支持率が高くて、数々の自慢材料があったのに、なんでブッシュは再選できなかったのか? その説明はアメリカ政治の悲しい矛盾に基づく。というのは、共和党大統領の場合、多くの人を喜ばせる政権運営よりも、一部の人を喜ばせる選挙活動の方が有利なのだ。

そもそもブッシュは人工妊娠中絶の権利を主張したり、レーガノミクスの理論的基盤であるサプライサイド経済学を「ブードゥー(黒魔術)経済策」と嘲笑したりするような中道派だった。しかし、1980年の大統領選挙の共和党予備選でローナルド・レーガン候補に負け、レーガン大統領の副大統領になるために、中絶反対! レーガノミクス万歳! と切り替えた。1988年に大統領候補となったときは、その「ハード保守派」のスタンスを貫いた。さらにブッシュは選挙戦中、視聴者の潜在的な人種差別意識を悪用するテレビCMで対戦候補を厳しく攻撃した。政治理念を曲げ、紳士の姿勢を捨てて狡猾な手を使ったが、選挙に勝ったのだ。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!