コラム

高校銃乱射事件で共に息子を失った被害者と加害者の両親の再会『対峙』

2023年02月09日(木)17時26分

事件から6年後に、事件でともに息子を失った被害者と加害者の両親が対面する......『対峙』

<高校銃乱射事件から6年後に、事件でともに息子を失った被害者と加害者の両親が対面して交わす......>

これまで俳優として活動してきたフラン・クランツが初めて脚本・監督を手がけた『対峙』では、高校銃乱射事件そのものではなく、事件後に残された家族が背負う苦悩が、大胆な手法で浮き彫りにされていく。彼が描き出すのは、事件から6年後に、事件でともに息子を失った被害者と加害者の両親が対面して交わす会話だ。

その導入部では、なんの前置きもなく、小さな教会が映し出される。その教会の奥まったところにある一室で、会合の準備が進められている。仲介人の女性は、部屋の飾りまで細かく確認し、椅子の位置を変える。やがてふた組の男女が相次いで到着し、久しぶりの再会の挨拶が交わされ、仲介人が立ち去る。

被害者の両親ジェイとゲイル、加害者の両親リチャードとリンダは、当たり障りのない会話から始める。だが、本題に入ると、それぞれの怒りや悲しみの感情が抑えられなくなり、言葉の応酬へとエスカレートし、緊張が高まっていく。本作は、回想シーンなどに頼らず、ほとんど限定された空間における会話だけで展開し、彼らの言葉を通して事件や彼らがそれぞれに背負った苦悩が明らかにされていく。

監督が高校銃乱射事件に関心を持つきっかけ

プレスによれば、クランツ監督が高校銃乱射事件に関心を持つきっかけは、2018年にフロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件だったという。それ以前にも同様の事件は起きていたが、彼は自分が幼い娘を持つ父親としてその事件に反応したことに気づいた。

それから、自分が高校生だった1999年に起きたコロンバインの事件も思い出し、そうした事件を深く掘り下げていくうちに、加害者と被害者の両親の会談に関する記述に胸を打たれ、このような脚本を作り上げた。

クランツが特にインスパイアされたのは、おそらくコロンバインの事件だろう。パークランドの事件の犯人は、校内で銃を乱射してから高校を立ち去り、その後、警察に拘束されたが、本作で明らかにされていく事件では、リチャードとリンダの息子ヘイデンは犯行後に自殺した。コロンバインの事件がエリックとディランのふたりによる犯行だったのに対して、ヘイデンは単独犯だが、彼らと同じように犯行後に図書室で最期を迎えた。

81bA4V58hiL.jpg

『息子が殺人犯になった コロンバイン高校銃乱射事件・加害生徒の母の告白』スー・クレボルド 仁木めぐみ訳(亜紀書房、2017年)

共通点はそれだけではない。スー・クレボルドの『息子が殺人犯になった コロンバイン高校銃乱射事件・加害生徒の母の告白』を読んだ人は、本作とのつながりに気づくに違いない。事件後に家庭生活を振り返り、原因を追究しつづけてきたディランの母親の手記、そこから浮かび上がる母子の関係は、リンダとヘイデンに重なる部分が多々ある。

事件の直後、警察が家宅捜索する間、リンダは事態を把握できないまま裏庭に立ち尽くすしかなかった。彼女は見張りの警官に息子のことを尋ね、彼の死を知った。事件までの数か月、リンダは、息子が立ち直ったと思い、幸せだったが、それは自殺を考えている人間が自身の運命を決定した後に見せる変化だった。事件後、リンダと夫は現場となった図書室を訪れ、彼女はテープの人型が表わす体の線で、それが息子だとわかった。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は3日続伸、円安や配当狙いの買いが支

ビジネス

TikTokとスナップチャット、英若年層の利用拡大

ワールド

中国、初の人民元建て決済 仏トタルとLNG取引

ワールド

EU、再生可能エネルギー規則で原子力の扱い巡り対立

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:小泉悠×河東哲夫 ウクライナ戦争 超分析

2023年4月 4日号(3/28発売)

戦争の「天王山」/ウクライナ戦車旅団/プーチンの正体......。日本有数のロシア通である2人の特別対談・前編

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 2

    金融のドミノ倒し、次はドイツ銀行か

  • 3

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

  • 4

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライ…

  • 5

    真剣な顔でプーチンの演説を聞くロシア議員、その耳…

  • 6

    重戦車が不足するロシア、ウクライナ東部バフムトへ…

  • 7

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 8

    遅ればせながら岸田首相がウクライナ訪問、実は絶妙…

  • 9

    日本よ、留学生を「優遇」する国であり続けて

  • 10

    「グラビア撮るなら娘を返せ」 シングルマザー教授、セ…

  • 1

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 2

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

  • 3

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 4

    金融のドミノ倒し、次はドイツ銀行か

  • 5

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりシ…

  • 6

    「次は馬で出撃か?」 戦車不足のロシア、1940年代の…

  • 7

    インバウンド再開で日本経済に期待大。だが訪日中国…

  • 8

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの…

  • 9

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 10

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中には...

  • 4

    訪日韓国人急増、「いくら安くても日本に行かない」…

  • 5

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 6

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 7

    年金は何歳から受給するのが正解? 早死にしたら損だ…

  • 8

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 9

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう…

  • 10

    ウクライナ軍兵士の凄技!自爆型ドローンがロシア戦…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story