コラム

生態系を再現するような農場を造る『ビッグ・リトル・ファーム 』

2020年03月13日(金)15時15分
生態系を再現するような農場を造る『ビッグ・リトル・ファーム 』

人類が直面する危機の中で、もっとも認識されずにいる問題でもあった...... 『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

<生態系を再現するような農場を造り上げていく夫婦の8年にわたる奮闘を記録したドキュメンタリー>

ジョン・チェスター監督『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』は、"究極の農場"を目指す夫婦の8年にわたる奮闘を記録したドキュメンタリーだ。本作の監督でもあるジョンは野生動物番組のカメラマンで、妻のモリーはシェフ兼料理ブロガー。彼らは、化学肥料と農薬を用いた慣行農法とはまったく異なる手法によって、生態系を再現するような希望に満ちた農場を造り上げていく。

大都会ロサンゼルスに暮らしていた夫婦が、農場に挑戦するきっかけは、殺処分寸前で保護した愛犬トッド。その鳴き声が原因で立ち退きを余儀なくされた彼らは、モリーの夢こそが解決策と考える。それは、伝統農法を活用して、自然と共生するかたちで、あらゆる食材を育てることだった。

なんとかスポンサーを見つけた夫婦は、200エーカー(東京ドーム17個分)もの荒れ果てた農地を手に入れ、モリーが招いた伝統農法のコンサルタント、アランの指導の下で、自然に翻弄されながらも試行錯誤を重ねていく。彼らは作物を育てるだけでなく、鴨、鶏、牛、羊、豚などの動物も集める。やがてそこには、在来の野生生物も引き寄せられてくる。

夫婦の挑戦は、世界が抱える問題と深く関わっている

本作で筆者がまず注目したいのは、モリーの夢の背後にあるであろう問題意識だ。それがなければ、周囲から無謀すぎると言われる計画に挑戦したりはしないだろう。だが、本作の導入部では、伝統農法や自然との共生という言葉があるだけで、問題意識が具体的に語られることはない。だから、愛犬の問題をきっかけにモリーと彼女に共感するジョンが、夢を叶えていく物語に見えかねない。

しかし、この夫婦の挑戦は、世界が抱える問題と深く関わっている。本作を観て筆者がすぐに思い出したのは、地質学者デイビッド・モントゴメリーが書いた『土・牛・微生物 文明の衰退を食い止める土の話』のことだった。環境保全型農業を題材にした本書を読むと、モリーの問題意識も察せられるし、夫婦を指導するアランがやろうとすることもより明確になる。

oba0313a200_.jpg

『土・牛・微生物 文明の衰退を食い止める土の話』デイビッド・モントゴメリー 片岡夏実訳(築地書館、2018年)

モントゴメリーが、環境保全型農業に関心を持つきっかけはなかなか興味深い。それは、彼と妻のアンが郊外に家を買ったことだ。その中庭は荒れ果て、土壌は生命のない泥で、ミミズは一匹もいなかった。花壇作りを夢見ていたアンは、その土壌を覆ったり、堆肥を作ったりするために、あらゆる有機物を家に運び込むようになり、彼は我慢を強いられる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!