コラム

60年代のル・マンをめぐる実話『フォードvsフェラーリ』が描く米と欧州の違い

2020年01月09日(木)16時45分
60年代のル・マンをめぐる実話『フォードvsフェラーリ』が描く米と欧州の違い

『フォードvsフェラーリ』(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

<60年代のル・マン24時間耐久レースの実話に基づいた『フォードvsフェラーリ』が示しているもの ......>

1960年代半ば、フォードとフェラーリは、ル・マン24時間耐久レースを舞台に熾烈な覇権争いを繰り広げた。ジェームズ・マンゴールド監督『フォードvsフェラーリ』は、その実話に基づいている。

物語は、フォードとフェラーリの間に確執が生じるところから始まる。フォードのマーケティング及びセールスの責任者リー・アイアコッカは、ベビーブーマーの若者たちのニーズに応える新しいクルマを売るために、他のどのレースよりも宣伝効果があるル・マンに目をつける。手っ取り早いのは、ル・マンの王者で、資金難に陥っていたフェラーリを買収することだった。

その契約は成立するかに見えたが、レーシングチームの絶対的な独立性を保持できないことを知った創業者エンツォ・フェラーリが、態度を硬化させ、交渉は決裂。アイアコッカがその場で屈辱的な言葉を浴びせられたことを知った会長のヘンリー・フォード2世は激怒し、フェラーリを倒すために新たなレーシングカーを作るように命じる。

しかし、これまでレースに消極的だったフォードにはノウハウがない。そこで白羽の矢が立ったのが、アメリカ人レーサーとしてル・マンで優勝した経験を持ち、気鋭のカーデザイナーとして注目を浴びていたキャロル・シェルビーだった。シェルビーはその無謀な計画に、型破りだが凄腕のイギリス人ドライバー、ケン・マイルズを引き込み、試行錯誤を重ねていく。そしてふたりは、66年のル・マンで、6連覇中の王者フェラーリに挑むことになる。

クルマは大西洋を挟んで2種類の異なる種に進化していった

本作は、ジャーナリストのA・J・ベイムが書いた『フォードVSフェラーリ 伝説のル・マン』のことを知っておくとより深く楽しめる。最初にこのノンフィクションを映画化する企画があったが、そちらは実現せず、同じ題材を異なる切り口から描く本作が誕生したという経緯がある。

oba20190109b.jpg『フォードVSフェラーリ 伝説のル・マン 黄金の60年代----自動車王たちの覇権争奪』A・J・ベイム 赤井邦彦・松島美恵子訳(祥伝社、2010年)

ベイムのノンフィクションでは、66年のル・マンというクライマックスに向かって、フォードとフェラーリの状況が交互に描き出される。それに対して本作では、シェルビーとマイルズの信頼関係を軸として、彼らとフォード2世、アイアコッカ、そしてレーシング部門責任者レオ・ビーブらとの複雑な関係が描かれる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、新型コロナ検査で再び陰性 「国民はマス

ワールド

新型コロナ危機、全米に広がる可能性 NYクオモ州知

ワールド

寄港拒否のクルーズ船、米フロリダ州が受け入れへ

ワールド

ロシアで米への医療物資支援に批判噴出、「自国で不足

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!