コラム

60年代のル・マンをめぐる実話『フォードvsフェラーリ』が描く米と欧州の違い

2020年01月09日(木)16時45分
60年代のル・マンをめぐる実話『フォードvsフェラーリ』が描く米と欧州の違い

『フォードvsフェラーリ』(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

<60年代のル・マン24時間耐久レースの実話に基づいた『フォードvsフェラーリ』が示しているもの ......>

1960年代半ば、フォードとフェラーリは、ル・マン24時間耐久レースを舞台に熾烈な覇権争いを繰り広げた。ジェームズ・マンゴールド監督『フォードvsフェラーリ』は、その実話に基づいている。

物語は、フォードとフェラーリの間に確執が生じるところから始まる。フォードのマーケティング及びセールスの責任者リー・アイアコッカは、ベビーブーマーの若者たちのニーズに応える新しいクルマを売るために、他のどのレースよりも宣伝効果があるル・マンに目をつける。手っ取り早いのは、ル・マンの王者で、資金難に陥っていたフェラーリを買収することだった。

その契約は成立するかに見えたが、レーシングチームの絶対的な独立性を保持できないことを知った創業者エンツォ・フェラーリが、態度を硬化させ、交渉は決裂。アイアコッカがその場で屈辱的な言葉を浴びせられたことを知った会長のヘンリー・フォード2世は激怒し、フェラーリを倒すために新たなレーシングカーを作るように命じる。

しかし、これまでレースに消極的だったフォードにはノウハウがない。そこで白羽の矢が立ったのが、アメリカ人レーサーとしてル・マンで優勝した経験を持ち、気鋭のカーデザイナーとして注目を浴びていたキャロル・シェルビーだった。シェルビーはその無謀な計画に、型破りだが凄腕のイギリス人ドライバー、ケン・マイルズを引き込み、試行錯誤を重ねていく。そしてふたりは、66年のル・マンで、6連覇中の王者フェラーリに挑むことになる。

クルマは大西洋を挟んで2種類の異なる種に進化していった

本作は、ジャーナリストのA・J・ベイムが書いた『フォードVSフェラーリ 伝説のル・マン』のことを知っておくとより深く楽しめる。最初にこのノンフィクションを映画化する企画があったが、そちらは実現せず、同じ題材を異なる切り口から描く本作が誕生したという経緯がある。

oba20190109b.jpg『フォードVSフェラーリ 伝説のル・マン 黄金の60年代----自動車王たちの覇権争奪』A・J・ベイム 赤井邦彦・松島美恵子訳(祥伝社、2010年)

ベイムのノンフィクションでは、66年のル・マンというクライマックスに向かって、フォードとフェラーリの状況が交互に描き出される。それに対して本作では、シェルビーとマイルズの信頼関係を軸として、彼らとフォード2世、アイアコッカ、そしてレーシング部門責任者レオ・ビーブらとの複雑な関係が描かれる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英経済は今年10%縮小、公的債務も急増=ムーディー

ビジネス

中国自動車販売、6月は3カ月連続増 商用車がけん引

ワールド

日本、イージス・アショア配備再開も 海上や沿岸に発

ビジネス

JDI、中国生産の一部を国内回帰 コロナ禍で供給網

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!