コラム

アメリカ文明の小宇宙としての図書館『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

2019年05月20日(月)15時00分

次は、舞台芸術図書館に劇場の手話通訳の第一人者を招き、実演を行う企画。これは奴隷制とは無関係のように思われるだろうが、図書館のスタッフの提案で、独立宣言が通訳の実演に使用される。しかもスタッフは、その独立宣言について以下のような説明を加える。


「この図書館の"最高"の所蔵品の1つがジェファーソンが書いた独立宣言の写しです。大陸会議にかける前の草稿で、そこには奴隷制度を非難する箇所がありましたが、南部の支持を得るため本稿からは削除されました」

つまりここでは、そんな背景を踏まえて「人は平等であり〜」という文言が通訳される。そして、ジェファーソン・マーケット分館で行われる19世紀半ばの奴隷制と労使問題に関する女性研究者のレクチャーによって、埋め込まれたテーマがより明確になる。彼女は、奴隷制が北部の白人労働者に及ぼす影響を、マルクス、リンカーン、南部主義者がそれぞれどうとらえていたのかをもの凄い勢いで語る。そのなかでも特に興味深いのは、以下のような言葉だ。


「次は、現代においても重要な問題です。南部主義者は非常に辛辣に近代社会を批判しました。それは1840年代に多くの支持を得ます。ジョージ・フィッツヒューは著名な社会学者で南部主義者でした。彼は奴隷社会が自由労働社会より優れていると考えました。彼は本を書きました。題は『主人のない奴隷』。その要点は、北部の労働者は主人のいない奴隷である。奴隷が主人を失うとこうなるのだ」

実はこれは、筆者が『グリーンブック』を取り上げたときに書いたことと繋がっている。筆者は、歴史学者デイヴィッド・R・ローディガーの『アメリカにおける白人意識の構築──労働者階級の形成と人種』を参考にして、主人公のひとりであるトニーの差別意識の起源を掘り下げた。それがまさに19世紀半ばであり、奴隷と同一視され、白さ以外のすべてを失うことを恐れた北部の労働者たちは、自分たちより下位の他者との間に一線を引いていった。

5177J1Y4HP.jpg

『アメリカにおける白人意識の構築──労働者階級の形成と人種』デイヴィッド・R・ローディガー 小原豊志・竹中興慈・井川眞砂・落合明子訳(明石書店、2006年)

この女性研究者のレクチャーには、奴隷制という歴史と現代との繋がりを想像させる要素がちりばめられているが、その視点は終盤にタナハシ・コーツのトークが盛り込まれていることと無関係ではない。コーツが具体的に奴隷制に言及することはないが、全米図書賞を受賞した彼の『世界と僕のあいだに』を思い出してみれば、接点が明らかになる。

父から息子への手紙というかたちで、黒人が白人のアメリカを生き抜く術を伝える同書には、これまで抽出してきた断片のまとめにもなりそうな表現がいくつもある。


「問題にすべきは、リンカーンが本心から『人民の政治』を意味していたかどうかではなく、この国が歴史を通じて『人民』という政治用語で実際には何を意味してきたかなんだ。一八六三年当時、それはお前のお母さんやおばあちゃんを意味してはいなかったし、お前や僕を意味してもいなかった」


「肌の色や髪に優劣があるという信条や、肌の色や髪の違いという要因があってこそ社会を正しく組織することができるし、その要因は消せない特徴を表しているんだという観念----こうした信条や観念は新しい考え方なんだよ。自分たちは『白人』だと信じるように育てられてしまった新しい人民の心の中にある新しい考え方なんだ」

41-Qky3ShmL.jpg

『世界と僕のあいだに』タナハシ・コーツ 池田年穂訳(慶應義塾大学出版会、2017年)

さらに、本作のラストの直前では、ハーレム地区の分館を黒人文化研究図書館の館長が訪れ、黒人の住民たちが抱える問題に耳を傾ける様子が映し出される。その対話のなかでも特に印象に残るのが、ウソが書かれた教科書の話題だ。その教科書では、黒人奴隷が「移民労働者」と書かれ、館長もその事実を認め、言語道断だと語る。

アメリカにはふたつの民主主義がある

このように抽出した断片を通して見えてくる奴隷制から現代に至る流れは、決して偶然から生まれるものではない。ワイズマンはアメリカ全体に関わる奥深いテーマから、アメリカを代表する公共図書館の意味を見直している。

あるいは、このような言い方もできるかもしれない。アメリカにはふたつの民主主義がある。ひとつは、コーツの『世界と僕のあいだに』で、「アメリカ人は民主主義を神のように崇める」と表現される民主主義。それがどういうものであるのかは、先の引用から察せられるだろう。もうひとつは、『シビックスペース・サイバースペース』で、「その社会が真に民主主義社会であるかどうかの品質保証をするものが公共図書館」と表現される民主主義。本作では、そんなふたつの民主主義がせめぎ合い、社会における公共図書館の重要性が浮き彫りにされている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中