コラム

NYのユダヤ人の上流社会に食い込もうとする悲喜劇、『嘘はフィクサーのはじまり』

2018年10月26日(金)16時35分
NYのユダヤ人の上流社会に食い込もうとする悲喜劇、『嘘はフィクサーのはじまり』

一見、現代の悲喜劇だが・・ (C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

<リチャード・ギアが、ユダヤ人の上流社会に食い込もうとするしがないフィクサー(仲介者)を演じている『嘘はフィクサーのはじまり』は、ただの悲喜劇ではない>

イスラエルのヨセフ・シダー監督にとって初の英語作品になる『嘘はフィクサーのはじまり』では、リチャード・ギアがあの手この手でユダヤ人の上流社会に食い込もうとするしがないフィクサー(仲介者)を演じている。その主人公ノーマン・オッペンハイマーの生き様は滑稽であると同時に悲哀を滲ませるが、これはただの悲喜劇ではない。

典型的な"宮廷ユダヤ人"の物語が土台になっている

「最初の一歩」、「賭けるべき馬」、「名もなき支援者」、「平和の代償」という四幕で構成されたドラマは、典型的な"宮廷ユダヤ人"の物語が土台になっている。宮廷ユダヤ人とは、中世ヨーロッパで君主や貴族のために資金調達や運用を行ったユダヤ人の銀行家や金融業者のことを意味する。

第一幕では、ノーマンが、その名声を利用するために訪米中のイスラエルのカリスマ政治家ミカ・エシェルに接近し、最高級の靴を贈り、信頼を得る。第二幕はその3年後、イスラエル首相に大出世したエシェルが訪米し、再会したノーマンを友人のように抱きしめ、すべてが変わる。ノーマンは、中世のように宮廷に招き入れられる代わりに、"ニューヨークのユダヤ人名誉大使"という肩書を与えられる。

第三幕では、願ってもないお墨付きを得たノーマンが、ユダヤ人の大物たちの間で暗躍していく。だが、彼の軽率な判断が混乱を招き、第四幕では、イスラエル首相を守るために、側近たちが、もともとアウトサイダーだった怪しいフィクサーを排除しようとする。

この映画は、設定を現代に置き換えて、典型的な宮廷ユダヤ人の物語をなぞっているだけではない。シダー監督は、特に18世紀のドイツに実在した宮廷ユダヤ人ヨーゼフ・ジュース・オッペンハイマーを意識して、脚本を書いている。主人公の姓オッペンハイマーは明らかにそこからとられている。

18世紀のドイツに実在した宮廷ユダヤ人を意識

ヘルムート・G・ハージスの『消せない烙印 ユート・ジュースことヨーゼフ・ジュース・オッペンハイマーの生涯』の巻頭に収められた日本の読者に向けた著者のメッセージには、以下のような興味深い記述がある。

「ユダヤ教徒の銀行家ジュース・オッペンハイマーは、一七三八年シュトゥットガルトの絞首台に吊るされた。この時から数えて間もなく二七〇年になる。だがドイツで彼の名は今日に至るまで忘れられていない。なぜなのだろう。それには二つの理由がある。一つは、この司法の犠牲者に名誉回復がまったくなされていないことにある。借りが残っているため人びとは安らぎを見出せないのだ。いま一つの理由は、ナチスの憎悪がいまだにこの人物に付着していて消し去ることができない点にある。『ユート・ジュース』という差別的な呼び名が今日まで根絶されぬまま残っている[日本語では『猶太(ユダ)公』くらいの意]。(後略)」

第一の理由の名誉回復とはなにを意味するのか。ジュースはまだ陸軍元帥だった王位継承者カール・アレクサンダーに出会い、後にヴュルテンベルク公となったカールに宮廷ユダヤ人として仕えた。だが、公爵が急死すると、逮捕され、大逆罪で裁判にかけられ、処刑された。本書によれば、ジュースは公爵と敵対する枢密顧問官たちに汚名を着せられ、陥れられた犠牲者ということになる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ワールド

OPECプラス、過去最大の減産協議 世界供給量の約

ワールド

欧州当局、米ギリアドの抗ウイルス薬を推奨 新型コロ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!