コラム

アメリカの縮図という泥沼でもがく人々、映画『スリー・ビルボード』

2018年01月31日(水)17時10分

そしてもうひとつは、マクドナー監督が、閉鎖的な田舎町と外部を巧みに結びつけ、世界を広げようとしていることだ。ミルドレッドの長広舌は私たちに、全米を揺るがしたカトリック教会の聖職者による児童への性的虐待問題を思い出させる。そのことについては、この問題を扱ったトム・マッカーシー監督の『スポットライト 世紀のスクープ』を取り上げたときに詳しく書いているので、そちらを参照していただきたい。

同様の狙いは他にも見られる。舞台がミズーリ州で、ディクソンのような人種差別主義者の警官が登場し、ミルドレッドが「警察は黒人いじめに忙しくて本当の犯罪を解決しない」と発言すれば、どうしても2014年に同州のファーガソンで、丸腰の18歳の黒人マイケル・ブラウンが白人警官に射殺された事件を思い出してしまう。この事件では抗議の波が全米に広がり、暴動にも発展した。

ちなみに、ハイチ出身のラウル・ペック監督が、ジェームズ・ボールドウィンの著作や活動にインスパイアされて作ったドキュメンタリー『私はあなたのニグロではない』(5月公開予定)にも、この事件から巻き起こった抗議の光景がしっかり盛り込まれている。

イラク戦争との繋がりが暗示される

さらに、思わぬところから事件の容疑者が浮上するという展開にも狙いが見え隠れする。興味深いのは、その展開のなかでイラク戦争との繋がりが暗示されることだ。そこで筆者がすぐに思い出したのは、ブライアン・デ・パルマが監督の『リダクテッド 真実の価値』(07)のことと、その物語のベースになった実話のことだ。

それは、2006年にイラクで、アメリカ兵が14歳のイラク人少女をレイプし、彼女とその家族を殺害し、少女の遺体を焼いたとされる事件だ。なぜイラク戦争との繋がりが暗示されるだけでそれを思い出したかといえば、ミルドレッドの娘がレイプされて殺されただけでも母親にとって耐えがたい悲劇であるのに、焼かれてもいたということが気になっていたからだ。

この映画の舞台となるエビングは閉鎖的な田舎町だが、こちらの想像をかきたてるマクドナー監督の話術によって、それがいつしか様々な問題を抱えるアメリカの縮図のように見えてくる。

そんな世界のなかで、先述した同罪の理論に突き動かされるミルドレッドやディクソンの行動の目的が曖昧になっていくとき、象徴的なもうひとつの物語が浮かび上がってくる。それは、アメリカの縮図という泥沼のなかで、それぞれにもがきながら思わぬかたちで触れ合い、抜け出そうとしていく人びとの物語だといえる。


○『スリー・ビルボード』
2月1日から全国公開

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

米求人件数、3月は812.3万件と過去最高 雇用の

ワールド

米政府、ワクチン接種加速に腐心 ウーバーなどの乗車

ビジネス

4月雇用統計で「忍耐強さ」の意義浮き彫りに=ブレイ

ワールド

米、マサチューセッツ沖の洋上風力発電計画承認 初の

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中