コラム

アムステルダムから50キロ、45年で再野生化した放棄干拓地がある

2016年10月24日(月)16時00分

『あたらしい野生の地―リワイルディング』

<アムステルダムからわずか50キロの干拓事業の失敗で放置された土地に、わずか45年で自然はあたらしい命を育み、野生の楽園を築きあげていた。この「あたらしい野生の地」をめぐるドキュメンタリー>

放棄された土地が浮き彫りにする自然の回復力

 オランダで70万人を動員したというマルク・フェルケルク監督『あたらしい野生の地―リワイルディング』(13)は、オランダにある6000ヘクタール程の自然保護区「オーストファールテルスプラッセン」を題材にした異色のドキュメンタリーだ。この映画がどう異色なのかは、冒頭に浮かび上がる短い前置きから察せられるだろう。

 「オランダの首都アムステルダムからわずか50km、1968年に着手された干拓計画が失敗し、そのまま、放棄された土地がありました。これは、忘れられた土地の45年後の姿です」

 かつて海の底だった人工の土地には、草原や湿地が広がっている。野生馬コニックやアカシカが群れをなし、キツネがハイイロガンの雛を狙い、オジロワシが空を舞い、カワセミが垂直降下して魚をとる。大都市の近くにこのような野生の世界が存在していることにまず驚かされる。

 映画は春から始まり、四季を通した風景や環境の変化と自然の掟に従う生き物の営みが鮮やかに映し出されていく。そこではふたつの要素が際立つ。

 ひとつは、「すべてが繋がっていて、なにも無駄にならない」というナレーションで表現される循環だ。コニックの糞にはフンバエが集まって産卵し、セキレイがそのフンバエを餌にする。浅瀬で産卵し、水位が下がって戻れなくなったコイや衰弱して倒れたシカには、ネズミやワタリガラス、キツネが集まり、湧いたウジを鳥がついばむ。

 もうひとつは、厳しい気候のなかでのサバイバルだ。この土地は、冬は雪と氷に覆われる。野生馬コニックは、食料が尽きる冬に備えて草を食べ、脂肪をたくわえ、70キロもふとるという。そして十分に脂肪をたくわえられなかったものは、冬の間に力尽きていく。

 この映画は、自然の回復力を浮き彫りにするが、そこで重要な位置を占めているのが、"リワイルディング(再野生化)"というアイデアだ。これは、一度自然界で絶滅した動物種を、ふたたびその土地に放ち、失われた生態系を取り戻そうとする試みだ。

 オーストファールテルスプラッセンにおけるリワイルディングで主導的な役割を果たしたのは、フランス・ヴェラという生態学者だった。70年代後半、まだ大学を出たばかりの彼は、10年間放置されていたこの干拓地にハイイロガンが飛来し、湿地に生息するようになったという記事を読んで関心を持ち、その土地を保護区にする構想を持つ。

 その後、政府のために働くようになった彼は、絶滅した大型草食動物を復活させることができれば、自然が自らの力で回復していくと考えるようになる。そして、家畜牛の祖先で、かつてドイツで復元が試みられたオーロックス、絶滅した野生馬ターパンの近縁種であるコニック、アカシカなどを、ドイツ、ポーランド、スコットランドなどから購入し、干拓地に放った。その動物たちは土地に適応し、繁殖していった。さらに、キツネ、ネズミ科のマスクラット、ノスリ、オオタカ、アオサギ、カワセミなど、様々な動物たちがそこに棲みつくようになった。

 この映画に映し出される豊かな自然を目にすれば、その試みは成功しているように見えるが、現実はそれほど単純ではない。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

新型コロナワクチンの生産能力2倍に拡大を、国連事務

ワールド

米コロニアル、パイプラインの再稼働開始 供給正常化

ビジネス

FRB、大手行に気候変動リスクの情報提供を非公式に

ビジネス

中期的なインフレ見通し、さほど懸念せず=ハスケル英

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中