コラム

日本人学校バス襲撃 死亡した中国人女性を「美談」として語ることの危うさ

2024年07月06日(土)20時42分
中国

天津のテレビ塔にライトアップされた胡友平  VCGーReuters

<事件の犠牲となったバス案内係の中国人女性、胡友平さんは中国では英雄扱いされ、日本でも美談のように語られている。だが、事件に関するニュースソースは中国側にしかなく、確かめる術はない。美談として語ることで、見えにくくなるものがあるのではないか>

上海に隣接する中国・蘇州で発生した日本人学校バス襲撃事件。事件の犠牲となったバス案内係の中国人女性、胡友平さんは中国国内では「身を挺して暴漢に立ち向かい母子を救った英雄」として国を挙げて称賛された。

日本国内においても、正義感のある善良な中国人の存在に救われる思いを抱いた人も多かったのではないか。反日ムードの根強い中国でも、国籍を越えて分け隔てなく人命を救おうと行動する人がいた。そんな一種の"美談"としても語られた。

だが、私は釈然としない思いを抱えている。

案内係の女性は、本当に"己を顧みず身を挺して"亡くなったのだろうか? そんな考えても栓ないような疑問すら、頭の片隅に浮かんでいる。

沈黙していた中国メディア

この事件は、初動から奇妙な点があった。中国メディアは発生直後は完全に沈黙し、中国外務省が翌日の記者会見で事件について回答したのとほぼ同じタイミングで、地元警察が事件を公表。ここで中国メディアも一斉に報道を開始した。

今回の事件は一歩間違えれば重大な外交問題(しかも中国側にとって明らかに不利)に発展しかねない内容であり、おそらく発生直後から地方行政ではなく、国家の中枢レベルで対応を協議していたと考えられる。

当初の警察の発表文には、案内係の女性について以下のように書かれていた。

<今のところ、中国籍の負傷者は容疑者の犯罪行為を阻止する過程で重傷を負い、救急手当てを受けている。>

女性の死後、新華社通信は以下のように報じた。

<事件で負傷した日本国籍の母親は「犯行当時、胡友平さんは容疑者を食い止めて刺され、地面に倒れた」と語った。子供はその隙に身をかわしてよけることができたという。現場を目撃した市民によると、胡友平さんはまず容疑者を引っ張り、続いて後ろから抱きついたものの後ろ手で刺され地面に倒れた。容疑者がさらに刺していると、市民や運転手、巡回中の警官らによって容疑者は地面に制圧させられた。>

ニュースソースは中国側に

女性は死後、蘇州市政府から「見義勇為模範(正義のため勇敢に行動した模範)」なる称号を与えられた。地元警察は公示を行い、次のように説明した。

<6月24日16時頃、胡友平さんは「蘇州市高新区塔園路新地センターバス停」で刃物で凶行に及ぶ男を発見し、即座に身の危険も顧みず前に出て凶行を阻止したが、容疑者から複数回刺され、救助の甲斐なく不幸にも世を去った。他の人々に重大な生命の危険が迫るなか、胡友平さんは自らの危険をも顧みず、身を挺して違法な犯罪行為と勇敢に戦い、より多くの人を被害から守った。勇気を奮って崇高な正義を体現し、社会の正しい気風を発揚したのである。>

日本でも「中国人女性は日本人親子をかばって亡くなった」と報じられているが、それらはこの中国側の警察発表とニュース記事に依拠している。

事件の状況を具体的に伝える情報は、今のところ上記の警察発表と新華社由来の記事だけだ。このほかに判断材料がないため「中国側がそう言っているのだから、きっとそうなのだろう」と思うよりほかない。

ただ、一つ言えるのは、中国政府にとって案内係の女性は"身を挺して母子を救った英雄"でいてもらわないと非常に困るということだ。

プロフィール

西谷 格

(にしたに・ただす)
ライター。1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。地方紙「新潟日報」記者を経てフリーランスとして活動。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした。著書に『ルポ 中国「潜入バイト」日記』 (小学館新書)、『ルポ デジタルチャイナ体験記』(PHP新書)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

現代自動車、第2四半期は過去最高益 米国でSUVな

ワールド

インドネシア、ゴールデンビザ制度開始 外国人投資家

ワールド

韓国が減税案、株式市場活性化へ相続税引き下げ 少子

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story