最新記事

シリーズ日本再発見

『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を戦い抜け

Lots of Fighting Fun but Not Kurosawa

2020年08月11日(火)17時00分
アンドルー・ウェーレン
『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を戦い抜け

物語の舞台となる対馬の風景は美しく描き込まれている SUCKER PUNCH PRODUCTIONS/SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT

<日本の中世が舞台の新作アクションゲームは、映像美と操作性が魅力だが黒澤映画の高みには届かず>

プレイステーション4用ゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』の舞台は13世紀の日本だ。主人公のサムライ・境井仁は、農民や武士から仲間を募り、対馬に上陸したモンゴル軍の撃退と大将であるコトゥン・ハーンの打倒、そしてさらわれた志村家当主で地頭でもある伯父の奪還を目指す。開発したのはアメリカのゲーム開発会社サッカーパンチ・プロダクションズだ。

一風変わったアクションゲームだ。舞台となる世界はいわゆる「オープンワールド」で、自由に動き回って探索が可能。プレーヤー自身が自由に遊び方を開拓していく「サンドボックス」と呼ばれるタイプのゲームではないものの、ミッションをこなし敵と戦う以外にも、マップ上には訪ねる場所ややることがたくさんちりばめられている。

ゲームのクリアに必要なのは探索とミッションの遂行、村や陣地をモンゴル軍から解放することの積み重ねだが、それと並行して境井の戦闘力や装備も向上させなければならない。それ自体はこのジャンルのゲームとしては珍しくないが、本作はあたかも流れるようにゲームの進行が調整され、オープンワールドという特徴を巧みに生かすことで、これまでのゲームとは一線を画す仕上がりとなっている。

アイテムや武器や薬の素材集めといった、このジャンルのゲームにありがちな作業もこなす必要がある。時間をかけて鉄や金や竹や麻などを集めなければならないのだが、このあたりも驚くくらいすっきりした作りになっていて、面倒くささを感じさせない。

ゲーム内には、このジャンルの進化版と言っていいくらい革新的で洗練された要素もある。その一例が、進むべき方向を風などの映像表現で示す手法の採用だ。おかげで画面の隅にあるミニマップを横目で見なくても正しい方向に進めるようになった。

敵との戦闘がこれまたよくできている。操作のバランスがよく練られている上に、努力すれば熟達は可能。メインストーリーの終盤にはほとんど向かうところ敵なしの状態になるはずだ。

ただし一騎打ちとなると話は別。基本戦法は同じなのだが、多くの敵と戦う場合に比べて動きの正確さが求められる。映画のクライマックスにふさわしいような場所(滝や墓地、スイレンの咲き乱れる池など)を舞台に、それまで広角レンズの視点だった画面が一転、戦う2人がクローズアップされる。

正確に相手の攻撃を避けたり防いだりしないと容赦なく倒されてしまう。単にボタンを連打するとか、前にうまくいったからといって同じ戦術に頼っていては勝てない。プレーヤー自身の「戦闘力」を磨く機会にもなっている。

中途半端な「黒澤モード」

重要な軍事作戦やかなりの数のサイドミッションを完了しても、やることはまだたくさん残っている。温泉や神社に行くもよし、歌を詠んだり竹を切るミッションもある。マップ上には足を踏み入れていない地域も残っているから、そこには制圧すべき敵の陣地があるかもしれない。

オープンワールドではあるものの、周囲の環境への働き掛けがあまりできないのは残念だ。竹林で周囲の竹を切ることもできないし、そこらの家の中に入ることもできない。生き生きと描かれた書き割りのようなものだが、この限界さえ受け入れてしまえば、素晴らしい品質の映像美であることに間違いはない。

<関連記事:米出版界を震撼させる楳図かずおの傑作ホラー『漂流教室』

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

  • 4

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 5

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!