コラム

中華の回転テーブルとこのアパレル、中国人が作ったのはどっち?

2018年04月02日(月)17時16分
中華の回転テーブルとこのアパレル、中国人が作ったのはどっち?

左は中華レストランの回転テーブル(Tarzan9280-iStock)、右は花笙記の現代風にアレンジされた漢服(https://huashengji.tmall.com/より)

<「海外の文化を真摯に学び、発展させる力」は長らく日本の伝統だったが、実は今、そのお株を中国が奪っている>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

皆さんは中華レストランというとどんなイメージをお持ちだろうか。やはり印象的なのは回転テーブル? 大皿料理を簡単にシェアできる素晴らしい発明だ。

この回転テーブルは中国のレストランでも一般的だ。私はてっきり中国人の発明だと思い込んでいたのだが、実は日本で発明されたものだった。

東京にある老舗結婚式場の目黒雅叙園が誕生の地だという。創業者の細川力蔵が1932年に発案した。それが日本中に広がり、中国にも逆輸入され、今では世界中で使われているというわけだ。

ラーメンも進化させた日本の強みはどこへ?

思うに、日本人は海外の文化を取り入れて、進化させる能力に長けている。古代においては中国から政治制度、文化、技術を輸入した。明治維新以後は西洋の技術を学び、世界に名だたる先進国へと成長した。

そんな大上段な話をしなくとも、身近な事例もたくさんある。

例えばラーメンだ。もともと中国料理だったはずのラーメンだが、今や日本の国民食へと成長した。中国人の間でも大人気で、東京の有名ラーメン屋に行列を作る中国人観光客も少なくない。日本のラーメンはもはや別物だと中国人も認めているのだ。

「海外の文化を真摯に学び、発展させる力」――この日本の誇るべき伝統をもっと発揮してもらいたい。

この伝統は、世界のバリューチェーンを活用し、新たな付加価値を生み出していくグローバリゼーションの時代において、何よりの強みとなるはずだ。グローバリゼーションは日本にとって大きなチャンスである。

ところが最近の日本はどうも内向きで、このチャンスを生かせていない。若者たちは留学どころか海外旅行にすら消極的。外国人移民受け入れの議論は始まりすらしない。日本の伝統を忘れてしまったのかと歯がゆさを感じる。

変化を恐れずに海外文化を取り入れ始めた中国

逆に今、海外文化の吸収に積極的なのが中国だ。「中華」(世界の中心)を自称し、「わが国は地大物博(広大な大地を持ち豊富な物資がある)であり、海外の文化は必要ない」と尊大だった中国が、日本以上に真摯に世界を学んでいるのだ。

1980年代から世界各地に大量の留学生を送り出してきたが、今やそうした人々が帰国し、世界の文化と知識を中国に伝える一大潮流ができている。例えば書店でも、日本では翻訳書の数は減る一方のようだが、中国では世界各国の有用な書籍が瞬く間に翻訳されて店頭に並ぶ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相、交渉合意に自信 欧州側

ワールド

対米投資審査厳格化で合意、国防権限法案に盛り込み=

ワールド

原油先物上昇、サウジが8月の輸出減少見通し示す

ワールド

米ロ首脳会談で「何が起きたか知らない」=米国家情報

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 6

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    自殺教唆ゲーム『ブルーホエール』プレイ後、子供2人…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!