コラム

岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

2018年02月14日(水)19時00分
岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

写真はイメージです Supersmario-iStock.

<寮の浴室から発見された不審な物体。若い中国人女性技能実習生たちは、会社からも仲介機関からも日本社会からも助けを得られず、困り果てていた>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。今回は私が激怒したある出来事についてお伝えしたい。

2月8日、SNSに不思議なメッセージが届いた。

「小牧先生、こんにちは。日本にいる女の子のためにお知恵を拝借できませんか。彼女たちは浴室で監視カメラを見つけたのですが、警察も会社も助けてくれずに困っています」

ある中国人ネットユーザーから発信されたものだ。後で聞いた話も含めて整理すると、次のような次第だという。

岐阜県大垣市のある会社で働く6人の中国人女性技能実習生たち。7日夜、寮の浴室の脱衣場で不審な物体に気が付いたという。USB ACアダプターの形をしているが、よく見ると小さな穴が空いている。

これを見た1人の女性実習生はぴんと来た。これは監視カメラに違いない、と。分解してみると、中からレンズが出てきたではないか。

lee180214-2.jpg
lee180214-3.jpg

不審なUSB ACアダプターを分解すると、レンズが出てきた(写真提供:中国人技能実習生)

翌日、彼女たちは勤め先の担当者に警察へ通報するよう掛け合ったが、取り合ってもらえない。そこで、彼女たちを技能実習生として派遣した仲介機関に通報するよう掛け合ったが、そこもあれやこれやと理由をつけて取り合おうとしない。駐名古屋中国総領事館にも連絡したが、自力で解決しろとの冷たい答えだ。

会社、仲介機関、中国総領事館。誰も救いの手を差し伸べようとしない。心底困り果てた彼女たちは友人に助けを求めた。その友人が私に連絡してきたというわけだ。異国の地で誰の助けも借りられない寂しさは私もよく分かっている。娘のような年齢の彼女たちの力になってやろうと、私はただちに大垣市に向かった。

9日午後、私は6人の技能実習生を連れて大垣警察署に向かった。盗撮事件が起きたのだからすぐに対応してもらえるかと思ったが、対応した警官はあれやこれやと理由をつけて被害届を受理しようとはしない。

というのも、日本には盗撮を罰する法律がない。この場合ならば「建造物侵入罪」で被害届を受理することになるが、それには寮の所有者である企業が届け出る必要があるのだという。盗撮被害を受けたのは6人の女性だが、彼女たちには被害届を出す権利がないというのだ。

泥混じりの水、お湯の出ない浴室......劣悪な待遇に言葉を失った

なんともひどい話ではないか。私は怒り心頭だった。彼女たちに人権はないのか。先進国・日本の法律、警察、社会はこのかわいそうな女性たちを見殺しにするのか。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 9

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!