コラム

「自動運転があらゆる移動課題を解決する」という期待への違和感

2021年04月14日(水)19時40分
高速道路を走る自動運転車

ホンダ「レジェンド」の自動運転は高速道路上で渋滞時に機能する(写真はイメージです) IGphotography-iStock

<車両の高度化にばかり注目が集まる自動運転だが、レベル4や5を実用化、利活用するには他にも必要な準備がたくさんある>

ホンダが自動運転レベル3の車両「LEGEND(レジェンド)」を2021年3月5日に発売開始した。世界に先駆けた取り組みで、日本のチャレンジ精神を示すことができたと称賛されている。

しかし自動運転のニュースではレベル1から5が一括りで「自動運転」と報道され、映像のインパクトが強いため無人の自動運転がすぐに実現するのではと思い込む人も多い。

ちょうど年度末の3月には、各地の自治体主催で地域住民や企業向けシンポジウムが立て続けに行われた。主にパネリストとして招待された筆者は、自動運転の実用化についてのさまざま意見を聞くことができた。

自動運転に対する期待の声は次の通りである。


・高齢者や障がい者など自動車を自分で運転できない人の移動手段として

・中山間や過疎地域など公共交通が利用できない地域での移動手段として

・バス、タクシー、トラックの乗務員不足の解消

・いつでもどこでも行きたいところへ連れて行ってくれるどこでもドアのような移動手段として

このように数年以内に全ての移動課題が解決されることへの期待度は非常に高い。

バスやタクシーに近い業態に

果たして自動運転は今すぐ移動課題を解決してくれる万能薬になるのだろうか。

筆者はこれまで利活用の視点、つまり自動車の車両そのものの進化のみならず、車両を使ってサービスを提供するバス、タクシー、トラック業界や次世代モビリティサービスを長く取材してきた。これまでは自動車の車両そのものに注目が集まり、利活用を追いかける人は珍しかったようで、最近ではCASE*1のCAS視点だとかMaaS視点で取材しているとも評されている。

一定条件下ですべての運転操作を自動化する技術を搭載した自動運転レベル4や無条件ですべての運転操作を自動化するレベル5は、まさにバスやタクシーといった業態に近くなると言われている。そのため有難いことに自動運転に関する仕事をたくさん頂くようになった。

筆者も高齢者や障がい者の移動問題や深刻化するバス・タクシー・トラックの乗務員不足の解消、事故の削減を実現する自動運転レベル4や5の実用化には大変期待している。寝ていてもどこへでも連れて行ってくれる自動運転車がはやく走ってほしいと率直に思う。

しかし公共交通やトラック業界を長く取材し、課題を肌で感じてきているため、実証実験をせずとも自動運転タクシーや自動運転バスで問題となる点が感覚的に分かる。

住民の足を確保するべくバスを走らせても利用者が少なく、ずいぶん前から公共交通は便数を減らし、運賃だけでは赤字のため多額の税金が投入されているのが実情だ。にもかかわらず、自動運転バスやタクシーになればすべてが解消されると信じている人が多いことに懸念を抱いている。

────────────────
*1 CASE:Connected(つながる)、Autonomous(自動化)、Shared and Service(シェアとサービス)、Electried(電動化)の略称。ドイツの自動車メーカー、ダイムラーが提唱

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

ニュース速報

ワールド

米、パイプライン停止で燃料供給さらに逼迫 価格高騰

ビジネス

米求人件数、3月は812.3万件に増加 統計開始以

ワールド

ワクチン接種完了後にコロナ陽性、セーシェルで WH

ワールド

インドのコロナ感染者、週平均40万人迫る ガンジス

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中