コラム

ウクライナ侵攻、もう1つの「厄災」...アフリカ「資源争奪戦」の欺瞞に満ちた実態

2022年11月15日(火)17時03分
ナイジェリア原油施設

ナイジェリアの原油・天然ガス施設(2020年9月) Afolabi Sotunde-Reuters

<アメリカやEUがアフリカを舞台に巻き起こすゴールドラッシュならぬガスラッシュは、「アフリカの発展のためにならない」と環境活動家>

[シャルム・エル・シェイク(エジプト)発]「約10年前、世界最大級の海底ガス田がモザンビーク北部の沖合で発見されました。この資源が人々の生活や人生に大きな打撃を与えています。膨大な数のコミュニティーが土地を追われ、海へのアクセスも奪われました。漁民は海にアクセスすることができなくなりました。彼らは内陸に移動させられたのです」

ダム反対運動で知り合ったパートナーとアフリカ南東部モザンビークの首都マプトで暮らすディプティ・バトナガルさんは国際環境NGO(非政府組織)「フレンズ・オブ・ジ・アース・インターナショナル」で気候正義と汚いエネルギー問題に取り組む。国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)に参加し、筆者にその憤りを語った。

221115kmr_fcl01.jpg

気候正義と汚いエネルギー問題に取り組むディプティ・バトナガルさん(筆者撮影)

「海底ガス田開発はこの地域の反乱を助長し、生態系に甚大な被害を与えようとしています。天然ガスは脱炭素化に向けたエネルギー移行期の燃料ではありません。アフリカの発展には必要ありません。これらはすべて嘘です。偽りの物語です。日本や米国、英国、オランダといった国々がモザンビークの海底ガス田プロジェクトに資金を提供しています」

ロシアのウクライナ侵攻で、欧州はロシア産石炭、石油、天然ガス依存からの脱却を加速させる。その代替策として欧州から比較的近いアフリカ産天然ガスの争奪戦が過熱する。天然ガスは石炭、石油に比べ二酸化炭素排出量が少ないため移行期エネルギーとして注目を浴びる。アフリカで確認されている天然ガスの埋蔵量トップ5とその生産量は次の通りだ。

アフリカ産天然ガスの争奪戦

ナイジェリア 埋蔵量20万3056バレル毎日(Bd、1日当たり流量)、生産量1663Bd
アルジェリア 埋蔵量15万9054Bd、生産量3238Bd
モザンビーク 埋蔵量10万Bd、生産量155Bd
エジプト 埋蔵量6万3000Bd 、生産量2260Bd
リビア 埋蔵量5万3144Bd、生産兆374Bd
(出所)独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)

中東諸国やベネズエラ、カナダ、ロシア、米国に比べてアフリカ諸国の天然ガス埋蔵量は少ないものの、背に腹は代えられない。

「私たちは日米欧に対し海底ガス田開発を止めるよう求めています。私たちは地域住民のためにコミュニティーに根ざした再生可能エネルギーを必要としています。電気を使えないアフリカの6億人にとってガスは選択肢ではないのです。ガスが気候危機を引き起こしており、汚い化石燃料の使用を続ける余地はありません」とバトナガルさんは強調する。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

オランダ、半導体製造装置の対中輸出規制を計画 米と

ワールド

米、ボルアルテ氏のペルー新大統領就任を歓迎

ビジネス

英銀は資本要件6%上げに直面、バーゼル規制最終適用

ワールド

韓国、トラック運転手の職場復帰命令拡大 鉄鋼・石油

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 10

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中