コラム

「京アニは作品でも暴力を使わず誰も傷つけていないのに」理不尽な大量殺人に広がる悲嘆の声

2019年07月19日(金)17時55分
「京アニは作品でも暴力を使わず誰も傷つけていないのに」理不尽な大量殺人に広がる悲嘆の声

放火事件から一夜明けた京都アニメ―ションの第1スタジオ(2019年7月19日) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

[ロンドン発]京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」の火災で33人が死亡、36人が病院に運ばれた放火事件で、英BBC放送が「ファンは悲しみに打ちひしがれている」と報じるなど、世界中のアニメファンから追悼と激励の声が相次いでいる。

1981年創業の京アニは『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『Free!』『響け!ユーフォニアム』などの人気シリーズを生み、丁寧な「京アニクオリティー」で海外にもファンが多い。

2016年の『映画 聲(こえ)の形』も注目され、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はネットフリックス(Netflix)を通じて世界中に配信された。

BBCは「『京アニ』として親しまれている京都アニメーションの惨事に世界中のファンがショックを受けた」として、「京アニ、強く生きろ。アニメコミュニティー全体が京アニの後ろについている。京アニが落ち込んでいる時は私たちが必ず手をつかんで引き上げる」などの声を紹介した。

「アニメ英国ニュース」の評論家イアン・ウルフ氏はBBCに「京都アニメーションの最大の特徴はアニメーションそのものの質の高さ。非常に視聴者フレンドリーだ」と話す。

「京アニは暴力もセクシャルな題材もほとんど取り上げず、誰も傷つけていない。にもかかわらず、攻撃しようとした人がいたことに衝撃を覚える」という。

ロンドンの大英博物館では『マンガ展』(5月23日~8月26日)が開催中で、手塚治虫、赤塚不二夫、萩尾望都、鳥山明、こうの史代、谷口ジローら50人の作品約70点が展示され、人気を集めている。

日本のマンガやアニメをきっかけに日本語を学ぶ若者も多く、英紙ガーディアンも衛星放送のスカイニューズ・テレビも映像付きで京都アニメーションの火災を報じた。

ツイッター上のハッシュタグ「#KyoAniStrong」「#KyotoAnimation」にも国内外から悲しみと激励の声が次々と寄せられている。

ロンドンからはDanさんが「犠牲になられた33人の冥福をお祈りします。私の心と支援は京アニのすべての方々とともにあります」とツイート。

Salve S.さんも追悼のツイート。
「火災の惨事に遭われた方々の冥福をお祈りします。京都アニメーションの涼宮ハルヒシリーズ、らき すた、けいおん!、フルメタル・パニック!の笑いは私をアニメの虜にしました。大人になってから数年経つのに聲の形には涙しました」

カナダ・トロント在住のXenon・Black Eaglesさんはこうツイート。
「ショックを受けています。京アニは非常にたくさんのショーや映画を作って、私を刺激し続けてくれました。あんなことをする病める人がいたのが残念でなりません。私の心は今回の惨事で苦しんでおられる人々とともにあります」

米オレゴン州ポートランドのDaveさんはツイートで感謝の気持ちを記した。
「京アニ、こんなに僕にインスピレーションを与えてくれてありがとう。京アニの偉大なアニメは僕を何度も奮い起こしてくれました」

フィリピンのGLOCOさんは追悼のツイート。
「火災の犠牲になられた33人の京都アニメーションの皆様に。あなたたちのハードワークが私たちに素晴らしいアニメ体験を味わわせてくれました。あなたたちは永遠に私たちの心の中にいます。どうか安らかに。これが私の今日のフェイスブックのカバーは京アニの作品です」

カナダ・カルガリーのSodapopCosplayさんはこうツイート。
「私はヴァイオレット・エヴァーガーデンのストーリーに恋に落ちました。毎週(ネットフリックスで放映されるのが)待ち遠しかったです。いつもショーの美しさに笑い、涙しました。悲劇に見舞われた方々に私のすべての愛を送ります」

米国のAnime Club After Darkさんは「この悲劇はアニメコミュニティーがいかに寛大になれるかを私たちに見せてくれました」とツイート。

Withscreen.pressを主宰する映画記者の藤井克郎氏はこう話す。

「昨年、映画『リズと青い鳥』が公開されたとき、京アニ所属の山田尚子監督に取材したが、若い女性でも積極的に監督に起用するなど、進取の気風に富んだ社風だと感じた」

「アニメーションとしては繊細な色づかいと思春期の心の揺れを掘り下げたストーリー性で芸術性にも優れ、この悲劇が今後、どういう影響を与えるのか懸念がある。卑劣な事件に負けず、信念に基づいて素晴らしい作品を作り続けてほしい」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!