コラム

日本が直面する「8割経済」 業種別に業績をシミュレーションすると......

2020年06月10日(水)12時04分
日本が直面する「8割経済」 業種別に業績をシミュレーションすると......

KIM KYUNG HOONーREUTERS

<今年度は各業界で売上高が2割程度は縮小すると覚悟すべき。では、業績にはどれほどの影響が出るのか>

全国で緊急事態宣言が解除されたが、経済活動は以前の状態には戻っていない。企業が発表する業績予想やビッグデータを使った分析などから総合的に判断すると、今年度は例年との比較で8割程度の縮小経済を覚悟したほうがよいだろう。各業界で売上高が一律2割減となった場合の業績への影響について探った。

コロナ危機の影響があまりにも大きいことから、上場企業の多くは今期の業績について「未定」としているが、一部企業はこの状況下でも業績見通しを発表している。トヨタ自動車は2021年3月期について、売上高2割減、営業利益8割減としたほか、国際石油開発帝石も2020年12月期について売上高4割減、営業利益65%減との見通しを明らかにした。

NTTドコモがスマホの位置情報を基に実施した人口変動分析によると、5月29日時点における東京・大手町の人出は緊急事態宣言前との比較で76%にとどまっており、昨年との比較では4割という状況だった。

今後、順次、経済活動が再開されていくとはいえ、すぐに元の状態には戻らない。在宅が増えたことで逆に売り上げが増えた企業もあるが、多くの業界において従来との比較で経済活動が2~3割のマイナスになると考えたほうがよさそうだ。

仮にあらゆる業種で売上高が2割減ると、企業の業績にはどのような影響が及ぶだろうか。法人企業統計を使って筆者がシミュレーションしたところ、資本金10億円以上の大企業の場合、全業種で売上高が2割減ると、全体の営業利益は67%下落する(売上高の減少に応じて、売上原価が一定割合で減少すると仮定)。

赤字転落する業種は?

製造業全体では82%のマイナスだったが、トヨタ自動車の営業利益は8割減の予想なので、シミュレーション結果と大筋合っている。同じ製造業でも繊維や印刷などは耐性が弱く、売上高が2割減ると赤字転落してしまう。

非製造業全体では営業利益は6割減となっているが、当然ながら赤字転落する業種も出てくる。営業赤字になるのは小売り、卸、ガス、宿泊、飲食といった業界である。小売り、宿泊、飲食については、外出制限などによって経営が苦しくなっていることは多くの人が認識しているだろう。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、第46代米大統領に 就任式で宣誓

ビジネス

米住宅建設業者指数、1月は低下 コロナ感染拡大など

ビジネス

米モルガンS、第4四半期は大幅増益 コロナトレード

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!