コラム

大塚家具が2期連続の赤字で「かぐや(家具屋)姫」大ピンチ。再建のカギを握るのは貸会議室?

2018年02月20日(火)13時20分
大塚家具が2期連続の赤字で「かぐや(家具屋)姫」大ピンチ。再建のカギを握るのは貸会議室?

大塚久美子社長は壮絶な「お家騒動」を制し経営を掌握したものの… Yuya Shino-REUTERS

<大塚家具の赤字はお家騒動のせい? いや、背後では構造的な問題が進行している可能性がある>

会社の支配権をめぐり父と娘で壮絶なバトルを繰り広げた大塚家具が、業績不振にあえいでいる。経営権を掌握した娘の大塚久美子社長は、自らの手で黒字化を達成すると述べているが、道のりは厳しい。カギを握っているのは資本提携した貸会議室運営会社TKPである。

一度はトップを娘に譲ったものの、経営方針をめぐって親子が対立

大塚家具の2017年12月期決算は、売上高が前年比11.3%減の410億円、当期損失が72億円と2期連続の赤字となった。340億円ほどあった自己資本は176億円と半減しており、手持ちの現金も約18億円しかない。

同社は、創業者である大塚勝久氏が一代で築き上げた企業であり、会員制で顧客を囲い込む独特の販売手法で急成長した。2006年には売上高が700億円を突破し、経常利益も53億円に達していたが、この頃をピークに従来のビジネスモデルが時代に合わなくなってきた。
 
2009年の赤字転落をきっかけに勝久氏は引責辞任し、代わって娘の久美子氏が社長に就任。久美子氏は、従来の路線を見直し、顧客の間口を広げる新しい戦略を打ち出したが、これに異を唱えたのが、引退した父親の勝久氏であった。

2014年の業績悪化をきっかけに、勝久氏が久美子氏に辞任を迫り、自身がトップに返り咲いたものの、その半年後には再び久美子氏が勝久氏を辞任に追い込むという親子バトルが勃発した。最終的には多くの機関投資家を味方につけた久美子氏が勝利し、2015年3月に行われた株主総会を期に勝久氏は会社を去った。

経営権を完全掌握した久美子氏は、会員制を事実上撤廃するとともに、「お詫びセール」を展開。満を持して自らの新しい戦略を推し進め、2015年12月期には黒字転換を果たした。しかし、再び業績は悪化し、2期連続の赤字に陥っている。

プロフィール

加谷珪一

評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

英ロイヤルウエディング、伝統と現代の融合で新しい王

ビジネス

アングル:中銀のフォワードガイダンス、かえって市場

ワールド

焦点:イタリア次期政権、新たなユーロ危機の「火種」

ワールド

アングル:米朝首脳会談は実現するか、失敗の歴史を振

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食ブーム

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 7

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!