コラム

日米安保をトランプが破棄しない理由──日米にとって安保は「お得」な条約だ

2019年07月08日(月)19時15分
日米安保をトランプが破棄しない理由──日米にとって安保は「お得」な条約だ

トランプの狙いは大統領選での再選(6月28日、大阪G20で) KEVIN LAMARQUE-REUTERS

<「不公平な日米安保条約は破棄してもいい」発言は衝撃的だったが、2つの事実を冷静に心得えておくべきだ>

トランプ米大統領はちゃぶ台返しで有名だ。破棄した条約はTPP(環太平洋経済連携協定)から中距離核戦力(INF)全廃条約まで数多い。だから彼が最近、「日米安保は不公平。アメリカは日本を守るのに日本はアメリカを守らない。こんな条約は破棄してもいい」と言った、との報道は大きな波紋を呼んだ。「すわ、対米従属から脱出する好機」という勇ましい者から、アメリカに捨てられたと思って心配する者まで、日本での反応はさまざま。左翼から右翼まで入り乱れて収拾のつかないことになる前に、以下の事実を冷静に心得ておくべきだ。

まず1つ。まだ安保条約破棄をうんぬんするような事態には全く至っていない。日米安保はアメリカにとっても実は大変有意義なのだ。日本の基地があるから、米軍の艦隊は西太平洋からペルシャ湾までの広い海域で活動できる。横須賀基地を使えなければ、アメリカの空母は点検・修理のために遠路、アメリカ西海岸の基地まで帰らないといけない。しかも日本は年間約2000億円もの「思いやり予算」で米軍の駐留を助けている。だからトランプ自身、破棄は考えていないと付言している。

日本にとっても、日米安保は非常に「お得」。いくつかの基地を提供し、思いやり予算を付けることで、世界最強の米軍を後ろ盾(抑止力)として保持できる。石油の輸送路も安泰だ。

もう1つ、日本は経済でアメリカ市場への依存性が強いため──対米貿易黒字の約620億ドルがないと、日本は約360億ドルの貿易赤字になってしまう(17年)──安保面での日本の選択肢も限られてくる。つまり日本が「自分は中立だから」と言って、アメリカによる某国への制裁に加わらないと、自分自身が制裁を食らってアメリカ市場を閉じられたり、ドル決済ができないようにされ、経済的存立の道を閉ざされてしまう。

大統領選への「お土産」

ではどうすべきか。トランプの言動はほぼ全て、大統領選挙で再選されることを目的としている。つまり日本を脅しつけて「何か」日本から獲得したことを、選挙民に示したい。それも、大統領選挙が本格化する前、年内くらいには欲しいだろう。

であれば、あまり正面から考え込まず「何か目立つ」成果を日本の役にも立つ形で作ってやればいい。安保面では「日本を守るために作戦中の米軍を自衛隊は守る」こと、つまり集団的自衛権を日本が行使することをアメリカにもっと明確に伝える。

14年の閣議決定でこの点は可能になったのだが、さまざまな但し書きが付いているため、アメリカはどういうときに自衛隊に守ってもらえるのか分かるまい。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ビジネス

EU、5G供給業者の厳格な選定で合意 ファーウェイ

ワールド

トランプ氏、香港法案巡り明言せず 武力弾圧阻止は「

ビジネス

米国株109ドル高、米中協議巡る発言好感 テスラさ

ビジネス

ドル上昇、好調な米経済指標受け=NY市場

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    南洋の小国ツバル、中国に反旗 中華企業の人工島建設を拒絶、親台湾姿勢を堅持

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    韓国の「リトル東京」から日本人が消える?

  • 4

    息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の…

  • 5

    香港高裁と北京政府が激突

  • 6

    「韓国に致命的な結果もたらす」文在寅を腰砕けにし…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    「韓国は日本の従属物にさせられる」北朝鮮も民族の…

  • 9

    半分切除された脳は、結合を強めて失った機能を補う

  • 10

    中国はやはり香港人を拘束し拷問するのか──英領事館…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    南洋の小国ツバル、中国に反旗 中華企業の人工島建設…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!