コラム

ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

2020年05月29日(金)15時00分
ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

イギリス人はマスクをどう使ったらいいかよく分かっていない Hannah Mckay-REUTERS

<マスク、手洗いから肥満率やビタミンDまでーー長年東京に暮らし、現在は母国イギリスで暮らす筆者が頭を悩ませた、イギリスよりはるかに東京のコロナ被害が少なかった理由>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)当初、僕はそんなに心配していなかった。なぜなら、ここイギリスのロンドンよりずっと前に東京では感染拡大が始まっていて、そして東京ではそんなに大ごとになっていなかったからだ。東京にもロンドンにもどちらにも暮らしたことがある者として、僕は確信していた。東京のほうがウイルスの広がる条件はそろっている、だから東京でそんなに深刻な事態になっていないのなら、ここイギリスでそう深刻になるはずがない、と。

第1に、ウイルスは都市ではより急速に広がるものだし、「東京」は周辺のあらゆる都市の頂点だ。僕は東京を、3000万かそこらの人口を抱える複合都市(川崎市や横浜市、さいたま市などを含む)と見ている。ロンドンは大都市(ローマよりずっと大きい)だが、東京とは比べものにならない。

第2に、人口密度も東京のほうがやたらと高い。人々はぴったりくっついて暮らしている。東京の満員電車はある理由によって世界的に有名だ――地球上にこんなシロモノは存在しないから。イギリス人の友人にその様子を説明するのには、いつも苦労する。ちなみにロンドンに通勤する人々は、時々こうグチる。「今朝は」電車で座れなかったよ――(電車で立つのは、めったにない不便な体験なのだ)。

日本人はより長い距離を通勤し、より長い時間をオフィスで過ごし、より多くの会議を行い、そしてコーヒーショップや居酒屋、パチンコ店では隣の人と肩が触れ合うような席で座る。僕がいつも東京について強く感じるのは、イギリスの常識よりもかなり、人々が至近距離にいるということだ(東京での10年間、僕は自分の「パーソナルスペース」が侵害されていると感じていた)。

会社員は常に睡眠不足状態で(免疫系に悪影響だ)、日本人は体調が悪いときも何とか仕事に行こうとする悪い癖がある。イギリスに比べ、80代や90代の高齢者の数が格段に多い。学校では1クラスの人数も多い。日本人はあまり換気にも気を配らないように見える(僕はよく、天気の良い日の職場や、タバコが煙たい居酒屋などで窓を開けようとしたが、たいてい日本人がやってきてまた閉めてしまうだけだった)。これらの理由全てから、僕は東京で大惨事が起こるのではと恐れ、そうはならなかったと知って、イギリスは大丈夫だと感じた。

肥満要因を自ら語るジョンソン英首相

それが今、イギリスはこんな状態だ。日本の人口の約半分の国で、日本より厳しいロックダウン(都市封鎖)規制にもかかわらず、致死率は日本の50倍に上る。明らかに困惑するような状況だし、僕が誰より困惑している。だから、専門家として見解を述べられるわけでもないし、科学をよく理解しているわけでもないけれど、僕の個人的な経験による見立てからは「真逆」の結果になった理由(イギリスが日本より被害が大きい理由)を問われるならば、僕はこんな見解を提示するだろう。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ビジネス

米新築住宅販売、12月は前月比1.6%増 価格上昇

ビジネス

米ゲームストップの取引制限、投資アプリのロビンフッ

ワールド

EU、ワクチン供給遅延に法的措置検討も=大統領

ワールド

米ホワイトハウス、コロナ対策法案2分割巡る報道を否

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!