コラム

ロンドンでは人種感覚に鈍感だと痛い目を見る

2018年11月30日(金)18時00分

「オリエンタル」も死語に

それからさらに何年もたつと、ジャマイカやトリニダード・トバゴなどカリブ海諸国出身の移民で、アフリカにルーツを持つ人々(つまり、アフリカから奴隷としてカリブ海諸国に連れて来られた祖先を持つ人々)を指すのに使われた「アフロ・カリビアン」という言葉を避ける動きが出てきた。もともとこの言葉にネガティブな含意はなかったが、今では「正しい」言い方は「アフリカン・カリビアン」ということになりつつある。僕は誰かがこう言うのを聞いたことがある。「アフロ? アフロはヘアスタイルのこと。それを言うならアフリカンでしょ」。ここまで来たら、古い言い方にこだわって差別主義者だとあらぬ疑いをかけられるのもばかげているから、新ルールに従っておくのが賢明だ。

同じように、僕たちはかつて「東アジア出身の人々」を「オリエンタル」と呼んでいた。欧米人は一般的に、中国人や日本人や韓国人を見分けづらいから、ひっくるめて「オリエンタル」と呼んだのだ。だがこの表現もすたれていき、今や「アジア人」と言わなければいけなくなった。オリエンタルには「エキゾチック」とか「異国の」といった意味合いがある一方、「アジア」と言ったほうが地理的にはっきりしていて誤解がないから、という理由だろうと、僕は解釈している。

こうした風潮を皮肉ってか、うちの近所には「アフロ・カリビアンフード」を自称する食材店や「オリエンタル・スーパーマーケット」を名乗る店がある。店主はそれぞれ黒人と中国人だから問題はなさそうだ。そもそもこの町の誰も、こうした言葉が今の時代は問題だということにすら気付いていないようだ。

社会の新常識はまずロンドンで生まれ、その後イギリス中に広まることが多い。これはつまり、ロンドンが人種的配慮の問題では常に「一歩先を行っている」ということだ。ロンドンの外から来た人間は、ロンドンでもはやNGとなった言い方や用語を使ったりする。するとロンドンっ子の一部は、この田舎者は物を知らない「偏狭なやつ」だという態度をとるようになり、たとえばブレグジット(イギリスのEU離脱)に対する意見なども、人種差別主義の田舎者の言うことだから、というふうに軽く片付けてしまう。

この夏、ロンドンで数週間過ごしている間に新語をいくつか学んだ。どうやら、白人以外のイギリス人を指す言葉として最も適切なのは、BAME(black黒人・Asianアジア人・minority ethnic少数民族、の頭文字)のようだ。自分は白人という立場に恩恵を受けている自覚があり、それでいてマイノリティーが抱える問題だってきちんと「意識している」、ということを示す「woke」という用語も若者の間で流行している。ロンドンから列車で1時間ほどの僕の町で、このどちらかの言葉を知っている住人は、50人に1人もいないだろうけれど。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 7

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 8

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story