コラム

ヘンリー王子婚約、イギリス一般男性の本音は

2017年12月22日(金)16時00分

ウィリアムとヘンリーは「一緒にビールを飲みたい」2人 Neil Hall-REUTERS

<多くのイギリス人にとってヘンリー王子婚約のニュースは、公人というより、親しみを感じて幸せを願うような人の結婚話>

概して僕は英王室支持者で、その理由の1つはイギリス王室メンバーが強い義務感を持っているように感じられることだ。エリザベス女王はその紛れもない例であり、91歳にしていまだに君主を務めているのだが、若手の王室メンバーも立派な働きをしている。

ウィリアム王子は今年まで救急ヘリコプター操縦士を続けてきた。退職したくはなかったようだが、女王の年齢からいって彼(とチャールズ皇太子)が女王の公務を今まで以上に引き受けるべきだと判断した。明らかなことだが、ウィリアムはカネを稼ぐために操縦士の仕事をする必要はない。

ヘンリー王子はイギリス陸軍に務め、アフガニスタンにも2回派遣された。1度目の時はメディアに任地が明かされてしまったことで、任務切り上げを余儀なくされた。ヘンリーはタリバンの標的にされる恐れがあり、帰国せざるをえなかったのだ。彼は帰りたくなかったらしい。帰国する理由は、自分がとどまれば彼の部隊、つまり仲間の兵士たちが危険にさらされる恐れがあるからだった。

戦闘地帯で従軍した経験から、ヘンリーは傷病兵らのための国際スポーツ大会「インビクタス・ゲーム」創設に関わることになった。戦場で重い傷を負った多くの兵士たちが、この大会によって目的意識やプライドを持つことができたと語っている。

ウィリアムとヘンリー、それにキャサリン妃は摂食障害や鬱病と言ったメンタルヘルスの問題でも、とても積極的に活動している。こうした問題は今も「難しい」ものであり、声を上げにくい話題だとされている。彼ら王室メンバーは、自身の心の問題を語ってメンタルヘルスに付きまとう恥の意識を取り払うことに助力し、タブーを破る役目を果たした。

だから僕は、彼らが価値あることをするために自分の立場をうまく利用するのは、もっともなことだと思う。

神秘性は損なわず壁を打ち破った

ウィリアムとヘンリーについて言えるもう1つのことは、彼らが僕の呼ぶところの「ビールテスト」にパスしていることだ。つまり、平均的な道行くイギリス人の大半が、彼らとなら一緒にビールを飲みたいと思う、ということだ。それは、光栄だからというより、彼らと飲んだら楽しそうだからだろう。彼らは話せる人々だろうし、よく笑いそうだし、2人で仲のいい様子を見せたりからかい合ったりしそうだ(友人をからかったりそれを大目にみたりできることは、イギリス人男性にとって欠かせない能力だ)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=ト

ワールド

インド政府債務の積極的削減はソブリン格付けにプラス

ワールド

ハリス氏、激戦州で集会 トランプ氏なら「混乱と憎し

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story