コラム

僕がロイヤルベビーに女の子を望む理由

2013年03月03日(日)08時00分

 イギリスでは、子供の誕生を控えた親に男の子がいいか女の子がいいか聞くと、「元気な赤ちゃんならどちらでも」と答えるのが普通だ。これを聞くといつも、とても思慮分別のある答えだなと、僕は思う(ただ、既に男の子が3人いる場合は女の子がほしいと言うのは当然だし、逆もまたあり得る)。

 でもおかしなことに、僕はこれから生まれる赤の他人の第1子が、ぜひ女の子であってほしいと思っている。余計なお世話なのは十分承知だが、まだ生まれてもいないこの子供は既に公人なのだから、許されるのではないかと思う。

 世界中のほとんどの人々がご存じのように、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の間にこの夏、第1子が誕生する。それよりはあまり知られていないかもしれないが、イギリスでは最近、王位継承法が改正され、彼らの第1子が男の子であろうと女の子であろうと、継承順位3位になることが決定した(継承順位1位はチャールズ皇太子、2位はウィリアム王子だ)。

 以前は、女性王族は男兄弟がいない場合のみ王位を継いでいた。今のエリザベス女王がこのパターンだ。新たな王位継承法では、3世代先の君主が王になるか女王になるのかは、五分五分の確率だということになる。

 キャサリン妃の子供が女の子で、女性の王位継承にまた道を開いてほしい、と望んでいるのは僕だけじゃない(僕が生きている間にこの子が王位を継承することはないだろう)。

■目立つ女性王族の活躍

 女の子を望むのにはわけがある。1つには、その頃にはそろそろ、女王が望まれる時代になっているだろうから。エリザベス女王の後に、チャールズ、ウィリアムと2人の王が続くからだ。

 もっと重要なのは、今のイギリス人のほとんどが君主制と言えば即座にエリザベス女王を連想する、ということだ。女王は昨年即位60周年を迎えた。いま生きているイギリス人で彼女が女王でなかった時代を覚えている人はごくわずかだ。大抵のイギリス人にとって、君主とはすなわち女王のこと。今の王室人気は、エリザベス女王が立派に役目を果たしてきたから、という部分が大きい。僕たちは女性君主を、ごく当たり前の事態だと受け止めているだけではない。理想的な状況だとすら考えている。

 イギリスの歴史全体を見れば女性君主は少数派だが、イギリス史上の2度の「黄金期」がどちらも女性君主の時代と重なるのは興味深い(エリザベス1世とビクトリア女王の時代だ)。

 僕が生まれてからこれまでの間だけ見ても、女性王族たちは目立つ存在だ。エリザベス女王の母であり、02年に亡くなったエリザベス王太后は「国家の祖母」として愛された(86歳になった現在のエリザベス女王も、同様の地位を築いている)。

 チャールズ皇太子の妹であるアン王女は国外ではそれほど知られていないが、イギリスではさまざまな慈善活動で賞賛を集めている。英王室に今ほどの人気がなかった80年代、こんなジョークも流れたものだった。もしイギリスが王制をやめて共和制になるとしても、アン王女なら選挙で大統領に選ばれる可能性が大いにある、と。

 彼女を「一番好きな王族」に挙げる人もいる。彼女がしつこいカメラマンに「消え失せろ」と発言したという有名なエピソードにも関わらず。というか、これこそが人気の理由かもしれないが。

■キャサリン妃はダイアナを教訓に?

 王族は信じがたいほどの特権を持って生活している。だが彼らが(その特権を受ける権利がある、という態度ではなく)特権に値する働きをしていると認められている限り、そして政治に不当に介入しない限り、僕たちは彼らの特権をおおむね認めている。

 チャールズ皇太子と、その弟アンドルー王子はこの点で評価できるような行動ばかりだったとは言い難い。近年の歴史で最悪の王族は、1930年代の「王冠を賭けた恋」で有名なエドワード8世だろう。彼は離婚歴を持つ人妻を妃に迎えようとして立憲君主制の危機を招き、第2次大戦前の重大な時代に君主制を脅かした。彼の退位は自分勝手な責任放棄だと捉えられた。

 あまり高く評価されていない女性王族だっている。エリザベス女王の妹マーガレット王女は地位にふさわしい役目を果たせなかった。ダイアナ妃はその魅力にもかかわらず、王族としての富とライフスタイルをあまりに満喫しているように見えたために、生前は反感も集めた。

 間違いなくキャサリン妃は、これを教訓にしていると思う。これまでのところ、彼女はカリスマ性を見せるとともに王室への親近感も呼び起こしている。

 あるコメンテーターは最近、イギリス君主制が「女性化」していることについて言及した。女性王族がより大きな役割を果たし、王室により思いやりあふれる印象をもたらしたという。もしこれが言えるなら、王室の女性化は国民に広く受け入れられるものだろうし、今の時代に合っているのだと思う。

 そんなわけで、僕は個人レベルでは、ウィリアム王子の子供は元気に生まれれば男女どちらでもいいと言うだろう。だけど王室について考えれば、僕はむしろ「元気な女の子」が生まれてほしいと思う。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

エジプト境界に監視システム設置、ガザ停戦協議で浮上

ワールド

イスラエル軍、ガザ最大都市攻撃後に撤退 数十人の遺

ビジネス

中国新規銀行融資、6月は急増も予想届かず M2伸び

ビジネス

アングル:介入にレートチェック、円安阻止へ総動員か
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    和歌山カレー事件は冤罪か?『マミー』を観れば死刑…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    富裕層の「中国捨て」が止まらず...1万5000人以上が…
  • 7
    街の書店が激減しているのは、ネット書店のせいだけ…
  • 8
    南シナ海で睨みを利かす中国海警局の「モンスター船…
  • 9
    口から火⁈ ロックバンド「KISS」引退後は完全バーチ…
  • 10
    パリ五輪でも「やっぱり!」 国内からも反発が...ア…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 9
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 10
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story