コラム

「ヨーロッパ」に対する複雑な本音

2011年12月23日(金)17時13分

 今から30年後、人々はきっと現在のイギリスを振り返って、あの時代のイギリス最大の問題は「ヨーロッパとの付き合い方」だったね、と言うことになりそうだ。

 僕が言うこの場合の「ヨーロッパ」とは、EU(欧州連合)のことだ。地理的にはイギリスは明らかにヨーロッパに位置するが、島国のイギリス人として僕たちは、まるで自分たちはその一員ではないかのように大陸ヨーロッパについて語る。概して僕たちは、EUについても「あちら」のことだと考えがち。イギリスがその一部だという意識はあまりない。

 イギリスが「ヨーロッパ」に参加したのは1973年。40年近く前で、僕はまだ幼児だった。だが参加を何年もためらっていたことからも分かるように、イギリス人のヨーロッパに対するどっちつかずの態度は、1973年以前から続いていた(イギリスの最初の参加申請は、1963年にフランスによって否決された)。

 ヨーロッパとどう付き合うかという「大問題」について、今のイギリス人の答えは真っ二つに分かれる。一方の人々は、好むと好まざるとに関わらずEUが存在する以上は無視できず、将来的に力と重要性を増していくに違いないと言う。だからイギリスは気に病むのをやめて全力でEUに身を投じ、EU内でイギリスの国力に見合う重要な地位を勝ち取るべきだ、と。

 対するもう一方の人々は、EUは非民主的だから、イギリスの完全な主権を取り戻すためにEUを脱退し、むしろEUとは対等な交渉相手として接するべきだと語る。

■EECからEUへの大変化

 どちらの言い分にも理はある。イギリスがEU構想の中心にいないのは明らかで、スタート当初から乗り遅れてその後も常に時間を無駄にしてきた。対するフランス、ドイツ、イタリアはこのヨーロッパ構想の「創設」メンバーであり、今も彼らの結束はイギリスとの結びつきよりも強い。

 もしもスタート時点からイギリスが主要メンバーとして加わっていたら、今の「ヨーロッパ」の姿はどんなに違っていただろうか、という考察は興味深い。

 EUとの付き合い方について、僕は「強硬派」の考え方にかなり傾いている。イギリス人の大半もそうだろう。イギリスが当初、参加したのはEEC(欧州経済共同体)だったはずだ。90年代にこれは急速にEC(欧州共同体)へと変貌をとげ、さらにはEUになった。

 イギリスは1972年、EECへの参加の是非を問う国民投票を行った。「欧州連合」に参加するかどうかを直接問われたことは一度もないわけだ(その上、現在57歳以下のイギリス人は、そのEECの投票にすら関わっていない)。

 EECがEC、EUへと名称を変えたことは、単なる表面的なものではなくもっと大々的な変化が起こったことを意味している。「ヨーロッパ」とはもはや加盟国間の自由貿易を意味するのではなく、もっと大きな問題を語るものになった。

 この変化は予測できたことだ。EEC設立に際して結ばれたローマ条約では、「より緊密な共同体」を目指すことが記されている。たとえば全加盟国の最高裁判所よりも上位に位置する欧州司法裁判所も設けられているし、EUは独自に外交政策をもつから事実上のEU大使館が世界中にある。

 そして単一通貨ユーロが導入されたことは、単に外貨両替所が不要になるという以上の意味があった。たとえばアイルランドは、ユーロを導入しているために主権の大半を失うことになり、国の経済を自力で立て直すのがひどく困難になった。

■ユーロだけは上手に避けた

 親EU派も反EU派も明確な意見を持っているし、イギリスがここ数十年歩んできた道は間違いだったという考えでは両者は一致している。それでも不思議なのは、この50年の混乱を振り返るとき、おそらく歴史学者たちは「イギリスの選んだ道は正しかった」と結論付けるだろうという点だ。

 イギリスの政治家たちが先見の明にあふれているなどと言うつもりはない。むしろ場当たり的な手法が功を奏するときもある。イギリスは国民の疑念にも関わらずEUの一員でありつづけ、そのために経済的な恩恵を受けられたことは間違いない。だがイギリスは自国の重大な利益は守り通そうとしたし、下手な構想の単一通貨ユーロは避けて通ってきた。だからこそ自国の財政政策をより強くコントロールすることができていた。

 今月、欧州債務危機克服のためのEU新基本条約にデービッド・キャメロン首相が反対を表明したことは、イギリス国内でも大騒動になっている(キャメロンは新条約がイギリスの金融部門を弱体化させることを懸念した)。それでも実際のところ、EU懐疑派の多い保守党の党首とはいえ、キャメロンはEUを脱退しようなどとは考えていないだろう。

 これまでイギリスがEUに対して取ってきた行動は、革命的でもなければ大胆でもなかった。それでもおそらく、イギリスがヨーロッパと付き合う上では正しい道だったのではないかと思う。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story