コラム

「映画禁止ではなかった」サウジ映画館解禁の伝えられない話

2018年04月27日(金)15時15分
 「映画禁止ではなかった」サウジ映画館解禁の伝えられない話

サウジアラビアの首都リヤドにオープンした映画館 Faisal Al Nasser-REUTERS

<4月18日、35年以上ぶりにサウジアラビアで映画館が復活した。しかし、西側メディアは必ずしも正しい情報を伝えてくれるわけではない。何が画期的だったのか。なぜ『ブラックパンサー』なのか>

2018年4月18日はサウジアラビアにとって歴史的な日となった。35年以上ぶりにサウジアラビアで映画館が復活したのである。

サウジアラビアといえば、「イスラーム」の厳しい戒律のせいで、酒が飲めないからはじまって、宗教警察がいるだとか、女性が自動車を運転できないとか、映画館が禁止されているなど、西側諸国からは、とかく評判が悪かった。しかし、そうしたタブーがここ数年のあいだでつぎつぎと破られてきている。

なかでも象徴的なのが女性の運転免許解禁と今回の映画館の復活といえる。前者については今年6月から正式にスタートするが、後者は一足早くお披露目となった。

このコラムでもサウジの文化政策の変容は何度も取りあげている(参考:デモ、弾圧、論争、「卵巣に影響」...サウジが女性の運転を解禁するまで)が、どうも西側メディアはこの国についてかならずしも正しい情報を伝えてくれているわけではない。

たとえば、今年はじめに、サウジアラビアで映画が解禁され、その栄えある最初の上映作品に選ばれたのが米国製の『絵文字の国のジーン』という映画だったとの報道が欧米や日本のメディアで出回った。この映画は、米国では史上最低という評価を下されたいわくつきの作品である。当然、せっかく映画が解禁になったのによりによってこれが第一号かといった論調になる。

この報道は明らかにまちがっている。実は、こうした誤報は、「映画」と「映画館」を混同した結果の誤解にもとづいている。

サウジアラビアでは映画が禁止されているわけではない。たしかに映画館は1960年代にはふつうに存在していたが、その後、禁止されてしまった。これはまちがいではない。しかし、映画館が禁止されて以降もビデオやDVDやブルーレイのかたちで映画はサウジ人のあいだでふつうに視聴されているのである。だいぶ編集されてしまうことが多いが、ハリウッド製映画はサウジのテレビでもよく放送されている。

また、あまり知られていないが、サウジアラビアの各都市にはいくつもスポーツ・クラブや文化センターのようなものがあって、そのなかには映画を上映する設備をもっているところも少なくない。こういうところでは、これまでもイベントとか祝祭に合わせて映画を上映し、多くの観客を集めていた。

とはいえ、こうしたところで上映される映画はだいたい子ども向けのアニメーションである。したがって『絵文字の国のジーン』もおそらくこうした枠組で上映されたものと考えられる。映画館の解禁やその第一号上映作品とは無関係なのである。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利を小幅引き下げ 景気支援

ビジネス

中国、2018年のGDP改定値を発表へ=国家統計局

ワールド

原油価格は横ばい、世界景気鈍化懸念が重し

ビジネス

輸出・生産減少するとサービス・投資に影響、注視必要

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 3

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 8

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!