コラム

マイケル・ジャクソン=イスラーム改宗説を思い出す

2017年01月24日(火)16時33分
マイケル・ジャクソン=イスラーム改宗説を思い出す

Hamad I Mohammed HM/AA-REUTERS

<カタル(カタール)人の富豪と結婚したジャネット・ジャクソンが、イスラーム風だが実はアディダス製のポンチョを着ていた。そういえば、ジャクソン家の三男ジャーメインはイスラームに改宗していたし、マイケルも一時期、バハレーン(バーレーン)で暮らしていたのだ> (写真はマイケルの兄ジャーメイン〔左〕ら。2004年、バハレーンを訪れた際の写真)

 昨年末にペルシア湾の小国カタルとバハレーンを訪問したとき、ふとマイケル・ジャクソンと妹のジャネット・ジャクソンのことを思い出した。大半の人たちにとって、キング・オブ・ポップとその兄弟姉妹の、小さな湾岸諸国との関係などどうでもいいことだろう。しかし、熱狂的なファンと一部の湾岸研究者にとってはそうではない(はずだ、たぶん、きっと)。

 昨年10月、たまたまアラビア語のニュースを見ていたら、衝撃的な写真に出くわした。ジャネットが、2012年ごろに結婚した夫、ウィサーム・マーネァと仲良く手をつなぎながらロンドンの町を歩いているのだが、問題はジャネットの体形と服装である。相当丸くなった体形は、その直前に妊娠したことが明らかになっていたので、そのせいだろう。一方、服装のほうは、黒い、頭からすっぽり全身を覆う、ムスリム女性のアバーア(あるいはアバーヤ、アバヤとも)を思わせるものだった。

 実は彼女の夫、ウィサームは、カタル人の富豪で、当然ムスリムである。したがって、ジャネットがウィサームと結婚して、イスラームに改宗したというのは自然なことといえよう。これについてメディアの多くは、ジャネットが敬虔なムスリムとなり、イスラームの服装規定を遵守しているとの観測記事を書いていた。

 彼女が敬虔かどうかは不明だが、アバーアらしき服は、幸か不幸かアバーアではなく、実はアディダス製のポンチョであったことが判明する。だが、これについてメディアを批判することはできない。この時点で彼女の改宗は知られていたし、シルエットは、まさにアバーアそのものであった。実際、中東で暮らした経験をもち、アバーアを見慣れたはずの筆者ですら、ジャネットがアバーアを着ていたと見間違えてしまったのである。先入観が、事実を歪めてしまう典型的な例であろう。

 ちなみに彼女は今年1月3日に無事男の子を出産、その子はイーサー・マーネァと名づけられた。英語の報道では、この名前がヘブライ語で「ヤハウェ(神)は救済である」を意味するといった解説が出ている。この説明は二重の意味でおかしい。「イーサー」は元を辿れば、ヘブライ語だが、イーサーという発音自体はアラビア語の発音である。たしかに元のへブル語「ヨシュア(イエホーシューア)」は「ヤハウェは救済」を意味しているが、アラビア語ではその意味はほとんど忘れられており、一般的には「イエス」あるいは「ジーザス」(つまり、イエス・キリスト)」のアラビア語訳と理解される。キリスト教の創設者の名前だが、イーサーとすれば、イスラーム教徒の名前としてもごく一般的なものである。

 さて、話はかわる。ジャクソン家でイスラームに改宗したのは彼女がはじめてではない。実はジャクソン家の三男で、マイケルとジャネットの兄であるジャーメインが1989年ごろにイスラームに改宗しているのだ。これは、彼の中東ツアーでバハレーンを訪問したことがきっかけといわれている。改宗したことで、ジャーメインはムハンマド・アブドゥルアジーズというムスリム名をえた。もともとジャクソン家は、エホバの証人の信者であり、改宗してしばらくのあいだは惰性のような信仰しかなかったようだが、しばらくのちにサウジアラビアのマッカで小巡礼(ウムラ)を行い、イスラームへの関心を急速に高めっている。

【参考記事】死と隣り合わせの「暴走ドリフト」がサウジで大流行

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

カナダGDP、第3四半期は40.5%増と過去最大 

ビジネス

米エアビー、IPOの仮条件44─50ドル 評価額は

ビジネス

仏、米がデジタル課税巡り追加関税発動なら直ちに報復

ビジネス

米アマゾンの販売業者、感謝祭週末の世界売上高48億

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!