コラム

マイケル・ジャクソン=イスラーム改宗説を思い出す

2017年01月24日(火)16時33分
マイケル・ジャクソン=イスラーム改宗説を思い出す

Hamad I Mohammed HM/AA-REUTERS

<カタル(カタール)人の富豪と結婚したジャネット・ジャクソンが、イスラーム風だが実はアディダス製のポンチョを着ていた。そういえば、ジャクソン家の三男ジャーメインはイスラームに改宗していたし、マイケルも一時期、バハレーン(バーレーン)で暮らしていたのだ> (写真はマイケルの兄ジャーメイン〔左〕ら。2004年、バハレーンを訪れた際の写真)

 昨年末にペルシア湾の小国カタルとバハレーンを訪問したとき、ふとマイケル・ジャクソンと妹のジャネット・ジャクソンのことを思い出した。大半の人たちにとって、キング・オブ・ポップとその兄弟姉妹の、小さな湾岸諸国との関係などどうでもいいことだろう。しかし、熱狂的なファンと一部の湾岸研究者にとってはそうではない(はずだ、たぶん、きっと)。

 昨年10月、たまたまアラビア語のニュースを見ていたら、衝撃的な写真に出くわした。ジャネットが、2012年ごろに結婚した夫、ウィサーム・マーネァと仲良く手をつなぎながらロンドンの町を歩いているのだが、問題はジャネットの体形と服装である。相当丸くなった体形は、その直前に妊娠したことが明らかになっていたので、そのせいだろう。一方、服装のほうは、黒い、頭からすっぽり全身を覆う、ムスリム女性のアバーア(あるいはアバーヤ、アバヤとも)を思わせるものだった。

 実は彼女の夫、ウィサームは、カタル人の富豪で、当然ムスリムである。したがって、ジャネットがウィサームと結婚して、イスラームに改宗したというのは自然なことといえよう。これについてメディアの多くは、ジャネットが敬虔なムスリムとなり、イスラームの服装規定を遵守しているとの観測記事を書いていた。

 彼女が敬虔かどうかは不明だが、アバーアらしき服は、幸か不幸かアバーアではなく、実はアディダス製のポンチョであったことが判明する。だが、これについてメディアを批判することはできない。この時点で彼女の改宗は知られていたし、シルエットは、まさにアバーアそのものであった。実際、中東で暮らした経験をもち、アバーアを見慣れたはずの筆者ですら、ジャネットがアバーアを着ていたと見間違えてしまったのである。先入観が、事実を歪めてしまう典型的な例であろう。

 ちなみに彼女は今年1月3日に無事男の子を出産、その子はイーサー・マーネァと名づけられた。英語の報道では、この名前がヘブライ語で「ヤハウェ(神)は救済である」を意味するといった解説が出ている。この説明は二重の意味でおかしい。「イーサー」は元を辿れば、ヘブライ語だが、イーサーという発音自体はアラビア語の発音である。たしかに元のへブル語「ヨシュア(イエホーシューア)」は「ヤハウェは救済」を意味しているが、アラビア語ではその意味はほとんど忘れられており、一般的には「イエス」あるいは「ジーザス」(つまり、イエス・キリスト)」のアラビア語訳と理解される。キリスト教の創設者の名前だが、イーサーとすれば、イスラーム教徒の名前としてもごく一般的なものである。

 さて、話はかわる。ジャクソン家でイスラームに改宗したのは彼女がはじめてではない。実はジャクソン家の三男で、マイケルとジャネットの兄であるジャーメインが1989年ごろにイスラームに改宗しているのだ。これは、彼の中東ツアーでバハレーンを訪問したことがきっかけといわれている。改宗したことで、ジャーメインはムハンマド・アブドゥルアジーズというムスリム名をえた。もともとジャクソン家は、エホバの証人の信者であり、改宗してしばらくのあいだは惰性のような信仰しかなかったようだが、しばらくのちにサウジアラビアのマッカで小巡礼(ウムラ)を行い、イスラームへの関心を急速に高めっている。

【参考記事】死と隣り合わせの「暴走ドリフト」がサウジで大流行

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 8

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!