コラム

コロナ禍のいま何が必要か? → ロシア人の答えは......

2020年05月08日(金)11時20分
コロナ禍のいま何が必要か? → ロシア人の答えは......

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<民族の個性を「差別」するのではなく「ユーモア」として遊ぶのがエスニックジョーク。今のような困難の多い時代ほど「笑い」の重要性は増す。そんなエスニックジョークを1つ、教えましょう>

【いま何が必要か】
国際会議で「コロナ禍の今、何が必要か」について話し合われた。

アメリカ人が言った。

「勇気だ」

ドイツ人が言った。

「ルールだ」

フランス人が言った。

「愛だ」

日本人が言った。

「技術だ」

最後にロシア人が言った。

「ウオッカだ」

みんなが不思議そうに聞いた。

「ウオッカを飲むとウイルスを抑制できるのですか?」

ロシア人が答えた。

「ウイルスを抑制することはできません。しかし、不安を抑制することはできます」

◇ ◇ ◇

国民性の違いを笑いのネタにしたジョークのことを「エスニックジョーク」と呼ぶ。世界中で人気のあるジョークカテゴリーの1つである。

このようなジョークは各民族の「ステレオタイプ」を風刺したものだが、いずれも思い当たるところのある配役と言えるであろう。ロシア人は永遠の「酔っぱらいキャラ」。世界中でイジられている。

近年、登場シーンを増やしているのは中国人。以前は「何でも食べる」「自転車に乗っている」くらいの役柄だったが、最近では「成り金」「強欲」「マナーが悪い」といったキャラでオチに使われるシーンが目立つようになった。ジョークは時代の鏡。自業自得か。

その他、「好色なイタリア人」「ケチなスコットランド人」「まぬけなポーランド人」といったキャラもよく登場する。ポーランド人は特にアメリカでジョークのオチにされているが、その理由は「かつて渡米してきたポーランド人の英語がヘタだったから」。なんとも高い代償を払わされたものである。

エスニックジョークとは、民族の個性を「差別」するのではなく「ユーモア」として小気味よく遊ぶもの。この線引きを間違えてはいけないが、このようなジョークを楽しむくらいの心の余裕は大事である。今のような困難の多い時代ほど「笑い」の重要性は増す。会話の中のちょっとしたユーモアが、生活を彩り、人間関係に潤いを与える。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』(共に文春新書)など。最新刊は『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(文春新書)。

ニュース速報

ビジネス

G7、途上国債務など協議 経済回復へ連携継続=麻生

ビジネス

米ADP民間雇用、5月は276万人減 予想ほど悪化

ワールド

サウジとロシア、協調減産1カ月延長で合意 順守強化

ワールド

ドイツ、EU・シェンゲン圏・英との往来禁止を6月1

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    トランプ、州兵動員拒否の州知事を非難「NY市はずた…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!