コラム

嘘をばらまき続けたポンペオは、国務長官にふさわしくない

2018年05月05日(土)13時30分
嘘をばらまき続けたポンペオは、国務長官にふさわしくない

ポンペオは共和党右派の武闘派として民主党にかみつき続けてきた Aaron P. Bernstein-REUTERS

<オバマの国籍問題から駐リビア領事館襲撃事件、ロシア疑惑に至るまで、多くの事実をねじ曲げてきたポンペオ>

この記事が読者に届く頃には、米上院本会議でマイク・ポンペオの国務長官就任を認めるかどうかの採決が終わっているだろう(編注:4月26日に承認)。難航しつつも最終的には承認されるとの見方が現時点では強いようだが、採決はかなりの僅差になる可能性が高い。

明るい性格で、最近は謙虚な姿勢も見せるようになったが、ポンペオは政界で敵の多い男だ。下院議員を6年間務めた後、昨年のトランプ政権発足後はCIA長官を務めている。その間、共和党右派の武闘派として、民主党を攻撃するために陰謀論と真っ赤な嘘をばらまいてきた。

陸軍士官学校を首席で卒業したポンペオは、陸軍士官として5年間勤務。その後、ハーバード大学法科大学院を優等で修了した。下院議員に当選したのは2010年。草の根保守派運動「ティーパーティー」の台頭が追い風になった。

CIA長官への就任後は、プロの情報将校たちの話を「聞く力」を発揮し、手ごわくて巨大な組織をうまく運営してきたようだ。「よそ者」で「政治家」の長官に懐疑的な傾向が強いCIAにあって、これは評価すべき点かもしれない。

しかし、ポンペオがおぞましい嘘を拡散してきたことは紛れもない事実だ。特にひどい嘘が5つある。

■イスラム教徒
反イスラム勢力と結び付きがあるポンペオは、イスラム教指導者が01年の9.11テロを十分に批判していないと主張。3000人余りの罪なきアメリカ国民らの殺害に加担したと言われても仕方がない、とまで非難した。

実際には、アメリカのイスラム教指導者は9.11テロを厳しく批判していたが、ポンペオは発言を撤回していない。

■オバマの出生地
ポンペオは、オバマ前大統領の出生地がアメリカではなく、アメリカ大統領を務める資格がないという荒唐無稽な主張を広め続けた。この主張は露骨な嘘であり、人種差別的な発想も見え隠れする。

■ベンガジ疑惑 
12年にリビア東部のベンガジの米領事館がイスラム過激派に襲撃され、大使を含むアメリカ人4人が死亡した。ポンペオなどの共和党政治家は、当時の国務長官だったヒラリー・クリントンの職務怠慢が事件を招いたと主張。16年大統領選では、クリントン批判の材料にも用いた。

しかし、外交や情報活動の専門家の目から見れば、共和党の主張は事実を歪曲している。クリントンは事件と関係がない。ポンペオらは、政敵の足を引っ張るために、外交官の死を利用し、真実をねじ曲げている。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、石油・石炭関連が安い

ビジネス

アングル:アジア株は弱気相場突入か、貿易摩擦やトル

ビジネス

貿易収支、7月は2312億円の赤字 対米輸出2カ月

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!